【第6歩】 大家にとって、賃貸経営にとって、非常に重要な事とは?|株式会社はじめの一歩不動産 川合博司

×
←賃貸経営博士
賃貸経営博士コラム空室対策のコラム > 【第6歩】 大家にとって、賃貸経営にとって、非常に重要な事とは?

【第6歩】 大家にとって、賃貸経営にとって、非常に重要な事とは?

いいね・コインとは?
気になった数
シェア
ツイート
LINEで送る

不動産会社 株式会社はじめの一歩不動産 川合博司

法人経営1年生、賃貸経営3年生、区分所有5戸のごく「普通」の人間です。 輝かしい学歴や実績がある訳でもなく、セミリタイヤ出来る程の賃貸経営でもない、こんな「普通」の人間だからこそお伝えできるコラムにしたいと思います。

皆様、こんにちは。
株式会社はじめの一歩不動産の川合博司です。

今回は「第4歩」「第5歩」のまとめ的な内容を記載させて頂きます。

「第5歩」の最後にも記載させて頂きましたが
『なぜ空室のままなのか?何が原因なのか?誰が悪いのか?』
これから大家になった際に賃貸経営をおこなう上で
非常に重要な事をお伝えさせて頂きます。(あくまで私的見解です)

他所を妬むのではなく、自身を振り返って冷静にみてみましょう

 

『なぜ空室のままなのか?何が原因なのか?誰が悪いのか?』

皆様も同様な状況下で、この問題に対する回答は明確に出てきますでしょうか?

 

ちなみに、「この回答が正解」というものはなく

ある質問に対して自身で回答と思える内容にたどり着けるか?

が重要であり、その回答が自身の賃貸経営での判断基準の一因となります。

 

今回のケースでは

退去把握⇒賃貸会社相談⇒リフォーム実施⇒繁忙期に賃貸募集⇒現在も空室

という状況となっております。

 

『なぜ空室のままなのか?何が原因なのか?』に対しては

募集をお願いした賃貸会社様と色々とお話しさせて頂き

要因としては、

(1)  例年に比べて募集人員が少ない(近隣の短大・大学など)

(2)  最近の不動産投資過熱による周辺での賃貸物件の過剰供給

以上の2点が大きな要因ではないかと教えて頂きました。

 

私としては、何とか空室を解消したく

「賃料の2か月分、3か月分のお礼でも何とかなりませんか?」

と聞いてみましたが

需要と供給のバランスが崩れていて非常に厳しい」との回答でした。

 

また、『誰が悪いのか?』に対しては

入居を決められない賃貸会社が悪い、のではなく

最終的な内容で、『私自身が悪い』という結論に達しました。

 

私は賃貸経営をおこなう上で重要視している事があります。

それは、賃貸経営に対するマイルール『不動産経営判断基準』となります。

 

今回のケースでは、第5歩でも記載しましたが

『複数社に相談(情報共有、新規提案など)して、良いプランを実施』

というマイルールに基づいてしっかりと対応したつもりでしたが

所有以前の、いわゆる購入の際にマイルールを破っていた事が

今回の「現在でも空室」の原因を作ったのではないかと思っております。

 

よって、誰が悪いのか?⇒マイルールを守らなかった私が悪い

という結論に至りました。

 

いいね・コインとは?
気になった数
シェア
ツイート
LINEで送る

更新日:2017年11月23日 (公開日:2017年9月12日)

株式会社はじめの一歩不動産 川合博司の記事

空室対策の記事

空室対策の新着記事

すべての記事

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

新着!大家さんのお悩み相談

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

新着!大家さんのお悩み相談

あなたにおすすめの収益物件

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

特集一覧

[特集]
ハワイでセミリタイア 別荘を手に入れる方法
起業から30年…成功者が語る『成功の秘訣』

コラム特集

   [PR] ベテラン大家が選ぶ、賃貸管理会社とは?

PAGE TOP