弁護士より相手に内容証明送付|七光り大家

×
←不動産賃貸経営博士
>
>
>
私の相続体験について~土地の時効取得の裁判 裁判とナニワ金融道~

私の相続体験について~土地の時効取得の裁判 裁判とナニワ金融道~

シェア
ツイート
LINEで送る

大家 七光り大家

現在 1LDK4室のアパートを2軒、戸建を6軒を経営しており、2戸のテラスハウスが1軒完成します。 断熱性と耐震性には拘った仕様にしています。 おかげさまで現在満室です。 退去の理由が狭い・うるさい・寒いことが主な容認であることを知り、可能な限り対処した物件を造ることに努めています。

弁護士より相手に内容証明送付

何度も催促した後で
弁護士より相手に内容証明をおくりました。
出来たら和解したい旨を伝えました。
すると相手は弁護士事務所を尋ねて来て和解に応じる旨の発言をしました。

そこで時価の5倍の5A円で買い取ることを申し出ました。
(時価はA円程度です)

すると桁が違うと言って来ました。

相手に条件を出してもらうと時価の110倍の110A円を提示してきました。

これでは無理だと思い提訴に踏み切りました。

ナニワ金融道

皆さん「ナニワ金融道」を読んだことがありますか?
読んでいらっしゃらない方は是非一読を薦めします。
出版されてから時間が経っており法律が変わっている例もあります。
(短期賃借権等)
しかしながら様々な点で大変参考になります。
著者は亡くなれて事務所より続編も出されていますが内容的には
オリジナルがピカイチです。

何が参考になったかは次回にお伝えしたいと思います。

公開日:2018年6月6日

シェア
ツイート
LINEで送る

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

七光り大家の記事

空室対策の記事

すべての記事

新着!大家さんのお悩み相談

あなたにおすすめの収益物件

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

特集一覧

[特集]
不動産賃貸経営体験談を大家さんに語ってもらいました
ハワイでセミリタイア 別荘を手に入れる方法
経営者・成功者が語る ~経営者取材対談~
大家さんが注意すべき設備故障の対処法について設備メーカーが解説!

認知症対策として注目されている『家族信託』の仕組みとは?

サラリーマン大家さんの確定申告!アパート経営者なら知っておくべき白色申告と青色申告の違いって?

コラム特集

   [PR] ベテラン大家が選ぶ、賃貸管理会社とは?

PAGE TOP