私の相続体験について~土地の時効取得の裁判 裁判とナニワ金融道~|七光り大家

×
←不動産賃貸経営博士
>
>
>
私の相続体験について~土地の時効取得の裁判 裁判とナニワ金融道~

私の相続体験について~土地の時効取得の裁判 裁判とナニワ金融道~

いいね・コインとは?
気になった数
シェア
ツイート
LINEで送る

大家 七光り大家

現在 1LDK4室のアパートを2軒、戸建を6軒を経営しており、2戸のテラスハウスが1軒完成します。 断熱性と耐震性には拘った仕様にしています。 おかげさまで現在満室です。 退去の理由が狭い・うるさい・寒いことが主な容認であることを知り、可能な限り対処した物件を造ることに努めています。

土地の時効取得の裁判を経験しました。

「一番役立った本は何?」と聞かれれば

迷わずナニワ金融道と答えます。

意外に思われるかも知れませんが是非一読をお薦めします!

土地の時効取得の裁判

相続の失敗談で 二次相続を考えないでの遺産分割、税務署の立ち入り、土地の時効取得の裁判とあります。
時系列的に書けば税務署の立ち入り調査の方が先ですが裁判は最近終わったばかりで記憶の鮮明なうちに書きたいと思います。

具体的な内容は相続した土地に次の相続対策のため借家を建設しようと思いました。
すると土地の一部に他人の土地がありました。
面積はごくわずかですが道路に接道するところに細長く存在しています。

現況は塀で囲まれており実質的に我が家で占拠しています。
持ち主は該当の土地意外を購入した人で、現地にきてもらい理由を話しました。
すると「境界の石も入っており問題ないのでは」とのことでした。

占拠はしているが公図上土地があると伝えたところ
「では買ってもらうしかないな」とのことで
値段を出してくださいと依頼しました。

価格提示があり購入すれば終わりだと思いました。
1ヶ月ほどして連絡をとったところ検討中とのことでした。

更に1ヶ月ほどして電話をしたところ無視されました。

 

弁護士に依頼 (これも大失敗)

進展がないので法的手段に訴えることにしました。

知り合いの弁護士がいないので賃貸住宅フェアに出ているブースで
弁護士に相談しました。
土地の時効取得は経験があるとのことでしたが実際は?でした。

フェアの座談会で「はっきり言って弁護士も裁判官も土地の時効取得について
知らなかった
」と発言したところ

出席されていた弁護士の方も「首都圏では土地の時効取得のケースは
ほとんどない=よく知らない
」という旨の発言をされていました。

なにより困ったのはこちらが催促しないと何事も進まないことでした。
弁護士を代えようかとも思いましたが途中まできていたので思いとどまりました。

そんなとき高校のOB会で別の弁護士に相談したところ口頭でのやり取りを止め
すべてメールに残しておくように
指示されました。
そして依頼事項も日付を区切りました。

これで放っておかれたら弁護士会に相談しようと思っていました。
 

更新日:2018年10月18日 (公開日:2018年6月6日)

いいね・コインとは?
気になった数
シェア
ツイート
LINEで送る

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

七光り大家の記事

空室対策の記事

空室対策の新着記事

すべての記事

新着!大家さんのお悩み相談

あなたにおすすめの収益物件

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

特集一覧

[特集]
不動産賃貸経営体験談を大家さんに語ってもらいました
ハワイでセミリタイア 別荘を手に入れる方法
経営者・成功者が語る ~経営者取材対談~

コラム特集

   [PR] ベテラン大家が選ぶ、賃貸管理会社とは?

×

PAGE TOP