民泊が全国で解禁!「民泊新法」ってどんな法律?③民泊の規制緩和と法令違反時の措置|横浜ユーリス法律事務所 関戸 淳平

×
←不動産賃貸経営博士
>
>
>
民泊が全国で解禁!「民泊新法」ってどんな法律?③民泊の規制緩和と法令違反時の措置

民泊が全国で解禁!「民泊新法」ってどんな法律?③民泊の規制緩和と法令違反時の措置

いいね・コインとは?
気になった数
シェア
ツイート
LINEで送る

弁護士 横浜ユーリス法律事務所 関戸 淳平

不動産、倒産関係、企業法務を中心とした様々な案件を扱っております。「迅速」・「的確」・「丁寧」に業務を行うことをモットーにしております。 法律相談の際には、「一般の方にもわかりやすい」アドバイスを心がけております。 些細なことでも、まずはご相談ください。

旅行者を有料で住宅に泊める民泊を全国で解禁する「民泊新法」(正式名称は、「住宅宿泊事業法」といいます)が今年の6月に成立し、来年の1月には施行される見込みです。
そこで、今回は、この「民泊新法」についてみていきたいと思います。

登録業者の利用が義務づけられる

今回も前回に引き続き、民泊新法の内容について見ていきます。

新法では民泊住宅の管理や仲介でのトラブルを防止するため、登録業者の利用が義務づけられています。

-住宅宿泊管理業務の委託-
      居室数が一定数を超える場合や、家主不在型の場合には、宿泊管理業務を住宅宿泊管理業者に委託する必要があります。
      住宅宿泊管理業者は、登録制となっています。
      
-宿泊契約の締結の委託-
      宿泊契約の代理や仲介を他人に依頼する場合には、住宅宿泊仲介業者や旅行業者に委託する必要があります。
      住宅宿泊仲介業者も、登録制となっています。
      話題の民泊仲介サイト「Airbnb(エアビーアンドビー)」もこの住宅宿泊仲介業者にあたります。

 

法令に違反したら?

 -行政上の措置-

    都道府県知事は事業者に対し、事業者への聴取や立ち入り検査を行うことができます。
    また、業務改善命令業務停止命令を行うことができます。

-刑罰-

    この法律では届出を条件に旅館業法の許可を要しないとするものですので、届出をせずに営業した場合には、旅館業法違反となる可能性があります。
 無許可営業は、六月以下の懲役又は三万円以下の罰金に処せられます。
   また届出をした場合であっても、届出内容に虚偽があったり、他の条項への違反があれば、民泊新法(住宅宿泊事業法)違反となり、罰則の対象となり得ます。
​ 
 

公開日:2017年9月18日

いいね・コインとは?
気になった数
シェア
ツイート
LINEで送る

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

横浜ユーリス法律事務所 関戸 淳平の記事

空室対策の記事

すべての記事

新着!大家さんのお悩み相談

あなたにおすすめの収益物件

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

特集一覧

[特集]
不動産賃貸経営体験談を大家さんに語ってもらいました
ハワイでセミリタイア 別荘を手に入れる方法
経営者・成功者が語る ~経営者取材対談~

コラム特集

   [PR] ベテラン大家が選ぶ、賃貸管理会社とは?

×

PAGE TOP