改正民法が賃貸借契約へ与える影響は?その3-賃貸不動産譲渡時のルールの明確化|横浜ユーリス法律事務所 関戸 淳平

×
←不動産賃貸経営博士
>
>
>
改正民法が賃貸借契約へ与える影響は?その3-賃貸不動産譲渡時のルールの明確化

改正民法が賃貸借契約へ与える影響は?その3-賃貸不動産譲渡時のルールの明確化

いいね・コインとは?
気になった数
シェア
ツイート
LINEで送る

弁護士 横浜ユーリス法律事務所 関戸 淳平

不動産、倒産関係、企業法務を中心とした様々な案件を扱っております。「迅速」・「的確」・「丁寧」に業務を行うことをモットーにしております。 法律相談の際には、「一般の方にもわかりやすい」アドバイスを心がけております。 些細なことでも、まずはご相談ください。

2017年5月、「民法の一部を改正する法律」が成立し、民法が120年ぶりに大改正されることとなりました。
改正民法は、2020年4月1日に施行されることになっています。

今回は4回に分け、改正民法のうち、建物の賃貸借契約に関係するものをご紹介していきたいと思います。

第3回は、賃貸不動産が譲渡された場合の賃貸借契約の取り扱いについてのお話です。

なぜ改正された?

 
 賃貸人が建物を第三者に譲渡した場合、旧所有者と賃借人が取り交わしていた賃貸借契約がどのような取り扱いとなるのかについては、現行民法では明確な規定がありませんでした。

 そこで、改正民法では、この点に関するルールを明確化することとしました。
 

改正の内容は?


(1) 賃貸人の地位の移転

 判例の考え方を明文化し、「不動産が譲渡されたときは、その不動産の賃貸人たる地位は、その譲受人に移転する」と規定されました(第605条の2第1項)。

   また、新所有者が賃貸人の地位を主張して賃借人に対して賃料を請求するには、その不動産の所有権移転登記をする必要がある旨も規定しました(同条第3項)。


(2) 賃貸人の地位の留保

 以上の例外として、「不動産の譲渡人及び譲受人が、賃貸人たる地位を譲渡人に留保する旨及びその不動産を譲受人が譲渡人に賃貸する旨の合意をしたとき」は、賃貸人たる地位は、譲受人には移転しないものとしました(同条第2項)。

   これは賃貸不動産をリースバックする場合など、譲渡人に引き続き「賃貸人たる地位」を留保させるべき実務上のニーズがあることに応えるものです。

   現行法下での解釈では、「賃貸人たる地位」の留保には賃借人の同意を要すると解されていましたが、改正民法下では賃借人の同意は不要としています。

   他方で、賃借人を保護するため、譲渡人と譲受人との間の賃貸借契約が終了した際に、譲渡人に留保されていた「賃貸人たる地位」が譲受人(またはその承継人)へ移転するものとしています。
 

更新日:2018年10月13日 (公開日:2018年9月17日)

いいね・コインとは?
気になった数
シェア
ツイート
LINEで送る

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

横浜ユーリス法律事務所 関戸 淳平の記事

賃貸管理の記事

すべての記事

新着!大家さんのお悩み相談

あなたにおすすめの収益物件

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

特集一覧

[特集]
不動産賃貸経営体験談を大家さんに語ってもらいました
ハワイでセミリタイア 別荘を手に入れる方法
経営者・成功者が語る ~経営者取材対談~

コラム特集

   [PR] ベテラン大家が選ぶ、賃貸管理会社とは?

×

PAGE TOP