大家さんのためのアパート・マンションのメンテナンス(外装・内装・設備関係など)読み物Vol.1|有限会社岡部塗装店 岡部

×
←不動産賃貸経営博士
>
>
>
大家さんのためのアパート・マンションのメンテナンス(外装・内装・設備関係など)読み物Vol.1

大家さんのためのアパート・マンションのメンテナンス(外装・内装・設備関係など)読み物Vol.1

いいね・コインとは?
気になった数
シェア
ツイート
LINEで送る

修理・補修 有限会社岡部塗装店 岡部

老舗塗装店(現在は工務店と同様の仕事も請負う)の7代目です。私自身も、国がスクラップ&ビルドから既存建築ストックの活用(直して使う)に転換を始めた頃に国の求めるビル改修専門家の資格を取得し建物改修に積極的に携わってたので、公共民間を問わず非常に数多くの物件と様々なケースを経験

アパート・マンションをお持ちの大家さんにとって、所有物件のメンテナンスは必須の事項です。外装はもちろん、内装や設備関係、電気、デザインと様々な角度から経験を元にお話しする第1弾です。

大家さんに、ぜひ知ってほしい・・・

今日から、こちらでコラムをお届けさせて頂きます岡部と申します。つたない話しが多いかもしれませんが、よろしくお願いいたします。
まず初めに私のことを少し書きます。所属している会社名は有限会社岡部塗装店といいまして、会社になっているもののファミリービジネスの延長上です。歴史だけは古く明治10年ごろには西洋塗料を使った塗装を始め、明治34年には明治憲法下で岡部塗装店と言う会社になりまして、何だかんだがあって現在に至っています。会社の名称には塗装店とありますが、塗装職人の社員もいるものの、企業としては工務店と同様の仕事もしており、別で不動産と不動産コンサルタントの会社もあるので、生意気なようですが塗装業は拘りをもって採算度外視の「趣味」でやっている側面もあります。
そんな「趣味」の部分があるとはいえ、単に塗るだけにとどまらず、提案する会社として長い間積み上げてきたノウハウや経験、技術を元に「大家さんにぜひ知ってほしいお話し」を何度かに分けてお届けしたいと思っております。

何のために塗り替えをするのか、考えたことがありますか?

大家さんである皆さんも経験があるかと思いますが、賃貸物件を長い間維持するためには塗装を含めたメンテナンスが欠かせないものです。早ければ建築から10年ぐらい、遅くても15年目ぐらいには「塗り替え」をなさる方が多いですが、皆さんは何のために塗り替えをするのか、考えたことがあるでしょうか?

「建物を長持ちさせるためでしょう!?」
「キレイにして、入居をよくするため。」
etc...
殆どの大家さんが、維持管理の一環として塗り替えをすると思っていらっしゃいます。
しかし、維持管理は元の目的の一つに過ぎません。その大元にある目的とは「儲けるため」です。
賃貸は、そもそも収益事業であり、慈善活動ではありません。土地と建物という不動産を使った、立派な投資です。
投資といってもマネーゲームとは異なり、農耕のように保有しながら、メンテナンスという肥料を与え、本体ごと掘り起こす(売却)のではなく、生った実(家賃)を収穫するという地道な作業を繰り返し、長い間恩恵(利益)に与るというものです。

公開日:2018年6月20日

いいね・コインとは?
気になった数
シェア
ツイート
LINEで送る

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

有限会社岡部塗装店 岡部の記事

空室対策の記事

すべての記事

新着!大家さんのお悩み相談

あなたにおすすめの収益物件

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

特集一覧

[特集]
不動産賃貸経営体験談を大家さんに語ってもらいました
ハワイでセミリタイア 別荘を手に入れる方法
経営者・成功者が語る ~経営者取材対談~

コラム特集

   [PR] ベテラン大家が選ぶ、賃貸管理会社とは?

×

PAGE TOP