大家さん必見!入居者募集の勘違い|賃貸経営における分析の重要性と役割|有限会社岡部塗装店 岡部

×
←不動産賃貸経営博士
>
>
>
大家さん必見!入居者募集の勘違い|賃貸経営における分析の重要性と役割

大家さん必見!入居者募集の勘違い|賃貸経営における分析の重要性と役割

いいね・コインとは?
気になった数
シェア
ツイート
LINEで送る

修理・補修 有限会社岡部塗装店 岡部

老舗塗装店(現在は工務店と同様の仕事も請負う)の7代目です。私自身も、国がスクラップ&ビルドから既存建築ストックの活用(直して使う)に転換を始めた頃に国の求めるビル改修専門家の資格を取得し建物改修に積極的に携わってたので、公共民間を問わず非常に数多くの物件と様々なケースを経験

多くの大家さんから様々な相談を受けるのですが、その中で最も多いのが入居者募集についてです。ご相談を受けるときに必ず今までどのようにしてきたのか、今現在はどんな募集をしているのかお尋ねすると、どの方も判を押したように同じ答えが返ってきます。もちろん個々で多少の差はありますが、皆がそろって同じことをする異常さに誰も気付いていません。なぜそのようなことが起こるのかという点から多くの大家さんが常識と思っていることの問題点についてお話しいたします。

管理会社を変えると一時的に入居希望者の紹介が増える??

入居率の低下に悩む大家さんの多くは「不動産会社がなかなか入居希望者を紹介してくれない」との不満を持っています。ただ不満を口にするだけでなく、他に(入居希望者の内覧をしてくれるという意味で)よい不動産会社があると聞けば、管理委託会社をその会社に変更して、入居が増えることを期待します。新たな管理会社にすると確かにはじめのうちは入居希望者を連れてきてくれます。しかし、数ヶ月もするとほとんど連れて来なくなります。気がつけば、数年に新規の入居希望者がないなんていうことも珍しいことではありません。そして大家さん達は、また同じことを繰り返します・・・。
なぜ、管理会社を変えても一時的にしか入居希望者が増えないのでしょうか?
よく考えるとその仕組みがよく分かると思いますが、不動産会社の営業力で入居希望者が増えることはほぼありません。そもそも、入居したい物件を決めるのは入居希望者であって不動産会社ではありません。不動産会社に行かなければどんな物件がどこにあるか分からなかった時代は、はるか昔に終っていて、今は入居希望者自らがスマホで物件を調べ、物件指定で内覧を希望してくる時代です。某ボンビー番組のように田舎から出てきて右も左も分からない若い子が駅前の不動産会社で物件を探すというほうが珍しいのです。不動産会社を変えると一時的に入居希望者(内覧)が増える理由は、管理委託を請けた不動産会社が毎月管理費という費用を支払ってくれる新しいお客様にたいして、良い印象を与えるために他の物件の内覧希望者を「他の物件も見てみませんか?」といって連れてきているだけにすぎないため、管理会社を変えれば入居希望者が増えるというのは、初めから間違った手法であるといえます。

公開日:2019年7月30日

いいね・コインとは?
気になった数
シェア
ツイート
LINEで送る

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

有限会社岡部塗装店 岡部の記事

空室対策の記事

すべての記事

新着!大家さんのお悩み相談

あなたにおすすめの収益物件

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

特集一覧

[特集]
不動産賃貸経営体験談を大家さんに語ってもらいました
ハワイでセミリタイア 別荘を手に入れる方法
経営者・成功者が語る ~経営者取材対談~
大家さんが注意すべき設備故障の対処法について設備メーカーが解説!

認知症対策として注目されている『家族信託』の仕組みとは?

エアコンの水漏れは故障?水漏れを防ぐための大家さんができる事前対策について!-ダイキン工業株式会社-

コラム特集

   [PR] ベテラン大家が選ぶ、賃貸管理会社とは?

PAGE TOP