給湯器が故障した際大家さんができる対応とは?アパートで水は出るがお湯が出ない等の原因や対処法について -リンナイ株式会社--不動産賃貸経営博士-

×
←不動産賃貸経営博士
>
>
>
給湯器が故障した際大家さんができる対応とは?アパートで水は出るがお湯が出ない等の原因や対処法について -リンナイ株式会社-

賃貸物件で給湯器が故障した際に大家さんが
できる対応方法とは?

給湯器のメーカーであるリンナイ株式会社に、給湯器の基礎知識や故障した際の対処法など伺ってきました。

――はじめに給湯器の種類や機能面から伺ってもよろしいですか?

給湯器の種類は大きく分けて3つあります。

1つ目は、「ガス給湯器」というものでシャワーやキッチンの水栓から蛇口をひねればお湯が出るタイプ(給湯)が、一般的なガス給湯器というものになります。

2つ目は、それにプラスして追い焚き機能(浴槽の中のお湯が冷めてきた際に、再度沸かしてくれるもの)や自動お湯はり機能(設定湯量まで自動で湯はりしてくれるもの)がついているものもあります。

3つ目は、「温水暖房機能付き」です。床暖房や浴室暖房乾燥機などの端末機へガスで作った温水を送り、その熱を利用して部屋を暖めます。床暖房は、床の下に温水が通っており、その熱により床が温かくなる仕組みです。


――賃貸住宅の給湯器について最近の傾向を教えてください

昔の賃貸住宅は、追い焚きは付けずに給湯専用が主流でした。最近は、自動お湯はりと追い焚きができる機能を付けた賃貸住宅が増えています。特に家族向けの部屋などは重要な設備項目の一つに挙げられているようです。古い建物などは入居者が入れ替わる時に、オートバスなどに変える大家さんも増えてきたように感じます。

また、「ecoジョーズ」という高効率タイプの給湯器というものがあります。新築戸建住宅などは、エコの観点から「ecoジョーズ」を選ぶ方も増えてきています。

分譲マンションなどは、おおよそ「ecoジョーズ」が選ばれていますが、 賃貸住宅になると少しでもコストを抑える考えがあるので途端に選ぶ率が下がります。入居者目線で考えると、1年間で1万円くらい(目安)ガス代が安くなるんです。

最近は、スマートフォンで外出先からお湯はりの操作ができたり、AIスピーカー(GoogleHome、AmazonEcho)に連携するモデルというものも出てきています。こちらは、分譲タイプに利用されていましたが、賃貸でも導入が始まっています。お手持ちのスマートフォンとリモコン、無線LANルーターをリンクさせることによって、外出先からお湯はりや床暖房操作ができるので帰ってからお風呂を沸かす手間を省くことができます。


――給湯器の凍結トラブルについて大家さんが注意すべき点を教えてください。

賃貸住宅における、凍結による故障トラブルは多いですね。しかし、寒さに弱いということではなく、退去時に水抜きをしないでブレーカーを落としてしまうことが原因で故障になります。なので誰のせい?といった形で揉めるケースがあります。

メーカーは『電源を落とされたら絶対凍結します』というスタンスですから、殆どが有償の修理になります。これは、大家さん泣かせの話ですね。基本的に電源さえ入っていれば(電気が通っていれば)、給湯器の内部にある凍結予防装置が作動します。なので、水抜きをしないでブレーカーを落とすことは避けて頂きたいですね。

また、 水抜きをしたつもりでも、完全に抜ききれていない状態で、 残っていた水が機械を壊すケースもありますので、退去時にブレーカーを落とす前に確実に水を抜くことが、なによりも大切というところですね。できれば、電源を入れておきたいところですが、入居者が退去時に落したままで気づかずに…というのが一番だと思ってます。

もう1つが、これは寒波が来た時に注意して欲しいことですが、給湯器がいきなり凍ることはなく、外の配管から水分が凍り、水が流れなくなり凍結するケースです。第一段階は、お湯が出なくなるという現象から始まります。配管の入口周辺から凍りはじめて、それにより水が出ないということになります。気温が上がって溶ければ、だいたいが『夜帰ってきたら出てました』『陽が当たるようになったら出ました』というケースが多々あります。

もし、早急に給湯器を作動したい場合は、ドライヤーなどで配管部分を温めることが一番いいんです。お湯や水で溶かすことは避けて欲しいです。実は保温材が水を吸収して、次の日に凍ることが結構あります。なので、ドライヤーなどで配管を温めることをお勧めします。


――他にも台風や大雨など雨風に給湯器は影響したりするんでしょうか?

基本的に屋外設置型で雨風にある程度は耐えられるようになっております。機械によって耐風性能に違いはありますが一般的な強風(秒速15メートル)や大雨には耐えられるように作られています。

突発的な風やバケツで水をひっくり返したような雨で止まることはあるかもしれませんが、リトライという機能がついているので、しばらく経てばまた使えるようになるというケースが殆どです。吹きさらしなど気になるという方は軒をつけたりするとちょっと違いますかね。


――給湯器の寿命はどのくらいですか?

おおむね10年というのがひとつの目安になり、給湯器自体が消耗品と考えて頂ければと思います。また、民法改正が2020年から施行されますが、賃貸住宅の設備の不具合などで利用できない場合、家賃を減額することが必要になる。給湯器もその対象に入っており、お風呂が使えないなどの項目に対して、10%の家賃減額になるガイドラインも検討されています。

先ほど、お話したように給湯器は消耗品という考えを持ち、10年を目安に交換をしていくような仕組みがあれば壊れる前に手配をかけることができますし、給湯器のリースや常にお抱えのガス屋さんまたは設備屋さん等にお願いをしたら翌日には給湯器を取り換えてもらえるなど、事前の契約見積もりみたいなものを自己防衛のために準備をされておいてはいかがでしょうか。

リンナイ株式会社
〒454-0802 愛知県名古屋市中川区福住町2-26
TEL 052-361-8211
HP :https://www.rinnai.co.jp/

シェア
ツイート
LINEで送る

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

新着!大家さんのお悩み相談

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

新着!大家さんのお悩み相談

あなたにおすすめの収益物件

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

特集一覧

賃貸管理
空室対策
滞納退去
土地活用
不動産投資
相続・税金
[特集]
不動産賃貸経営体験談を大家さんに語ってもらいました
ハワイでセミリタイア 別荘を手に入れる方法
経営者・成功者が語る ~経営者取材対談~
   [PR] ベテラン大家が選ぶ、賃貸管理会社とは?

×

PAGE TOP