所有する建物を客観的に評価する必要性(外装編)-求められるアパート・マンション経営をするためにチェックすべきポイント-|有限会社岡部塗装店 岡部

×
←不動産賃貸経営博士
>
>
>
所有する建物を客観的に評価する必要性(外装編)-求められるアパート・マンション経営をするためにチェックすべきポイント-

所有する建物を客観的に評価する必要性(外装編)-求められるアパート・マンション経営をするためにチェックすべきポイント-

いいね・コインとは?
気になった数
シェア
ツイート
LINEで送る

修理・補修 有限会社岡部塗装店 岡部

老舗塗装店(現在は工務店と同様の仕事も請負う)の7代目です。私自身も、国がスクラップ&ビルドから既存建築ストックの活用(直して使う)に転換を始めた頃に国の求めるビル改修専門家の資格を取得し建物改修に積極的に携わってたので、公共民間を問わず非常に数多くの物件と様々なケースを経験

ご自身が所有する建物を客観的に見たことがありますか?
外観だけでなく、内装や設備といった建物そのものだけでなく、周辺環境や入居者のタイプなども含めてトータルで"客観的に"評価してみると意外なものが見えてきます。
今回は、建物自体を客観的に見る方法を少しご紹介します。

眺めたことはありますか?

 日常として度々目にすることがあっても、何かの意識を持って所有する建物を眺めることはそうないのでありませんか?ぜひ一度、外観をじっくりと眺めてみてください。出来れば、何日間かにわたって朝、昼、夕方、夜の4つの時間帯に見てみると、いろいろと気づけることがあるかと思います。
 朝は、お住まいの方々が出掛ける時間に、掃除でもしながら人々の様子も見るとよいでしょう。出掛ける人たちに危険はないか?出づらくないか?周辺の住民の皆さんにも危険がないか?などと思いながら注意を払うと良いです。
 昼は、小さなお子さんがいるお母さんやお年寄りが外に出る時間帯を見計らってベランダ側を中心に眺めて見るとよいです。洗濯物が問題なく干せているかなども見てみましょう。
 夕方は、暗くなる少し前、夕日で建物が染まる時間帯にいろいろな方向から建物を見てみるとよいです。明るく思えても暗い場所があることに驚くかもしれません。
 夜は、どのくらい暗いか、どのくらい明るいかを前方向から確認してみてください。出来れば明かりの色や質も見るとよいのです。暗くても、明るいだけでも良い建物にはなりません。

見えなかったものを見る

 「借りるのは他人」と頭では分かっていても、実際にその感覚をもって賃貸経営を行っている人は少ないでしょう。しかし、借りる人の身になって建物をとらえないと求められるアパート経営は出来ません。
 大家さんのなかには「昔は十分きれいな部屋だった。」とか「俺の若いころはこんなの贅沢だった。」、「家賃が安いからそんなに良い部屋に出来ない。」と言って、明らかにみすぼらしくなった内装にさえも手を入れることを嫌がる人がいますが、私はその時点で賃貸経営は失敗していると断言できます。なぜならば、維持を含めて経営すべきであるにもかかわらず、そのための予算を計上が出来ておらず、どんぶり勘定で経営になっていなからです。多くのケースでは、本来は維持費として計上すべき部分がそっくり利益とされ、長いこと大家さんの生活費になってしまっています。家には高級外車が数台並んでいるのに所有するアパートはボロボロで未来がないという大家さんは意外と多いのです。
 その様な大家さんにならないためにも、自身が所有する建物を客観的に眺め、自分が借りる立場であったら、どう思うのかをじっくりと考えてみる時間を持ってみてください。何が足らないのか、何が問題なのかが見えてくるかもしれません。

公開日:2019年3月4日

いいね・コインとは?
気になった数
シェア
ツイート
LINEで送る

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

有限会社岡部塗装店 岡部の記事

賃貸管理の記事

すべての記事

新着記事

新着!大家さんのお悩み相談

あなたにおすすめの収益物件

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

特集一覧

[特集]
不動産賃貸経営体験談を大家さんに語ってもらいました
ハワイでセミリタイア 別荘を手に入れる方法
経営者・成功者が語る ~経営者取材対談~
大家さんが注意すべき設備故障の対処法について設備メーカーが解説!

認知症対策として注目されている『家族信託』の仕組みとは?

サラリーマン大家さんの確定申告!アパート経営者なら知っておくべき白色申告と青色申告の違いって?

コラム特集

   [PR] ベテラン大家が選ぶ、賃貸管理会社とは?

PAGE TOP