夢のセカンドライフの準備~オアフ島・ワイキキの不動産の動向、新たな賃貸専用コンドミニアムの建設~|ジニー 三千代 フォガティ

×
←不動産賃貸経営博士
>
>
>
夢のセカンドライフの準備~オアフ島・ワイキキの不動産の動向、新たな賃貸専用コンドミニアムの建設~

夢のセカンドライフの準備~オアフ島・ワイキキの不動産の動向、新たな賃貸専用コンドミニアムの建設~

いいね・コインとは?
気になった数
シェア
ツイート
LINEで送る

不動産会社 ジニー 三千代 フォガティ

ハワイにて不動産業を行い40年以上 ハワイ不動産界の重鎮日本人エージェント。全米不動産協会およびホノルル不動産協会より、40年以上の功績により、日本人初の名誉不動産業者賞を受賞。長年の経験と誠実な対応から、ハワイ不動産の『トラブルかけ込み寺』的な存在

夢のセカンドライフの準備をするためにも、
最新のハワイの不動産動向をお伝えします!

コンドミニアムの中間販売価格から見ていきましょう。

オフアのコンドミニアム、史上最高額を記録

  7月の統計によりコンドミニアムの中間販売価格が歴史的な高価格となっている事。
 ※中間販売価格とは、買い手がついた住宅価格の最高額から最低額の中央値にあたる価格。

 ホノルル不動産委員会が6日に公表した内容によれば、オアフ島の中古コンドミニアムの中間販売価格は42万5000ドル(約4,675万円)で、2016年7月時の40万ドル(約4,400万円)と比較して6.3%価格が上昇しています。
 さらに、4月に記録された中間価格41万5500ドル(約4,565万円)を上回り、史上最高の中間販売価格を更新した。コンドミニアムの中間販売価格が跳ね上がっている中、最高値となり、低価格層の戸建て住宅の在庫が枯渇する状況の中で中間価格層のコンドミニアムやタウンハウスは代替えの選択肢となり、中間販売価格の上昇を招いたと考えられる。オアフ島のタウンハウスを含むコンドミニアムの中間販売価格は5ヶ月連続で40万ドルを超えています。

 一戸建て住宅の7月の販売数は335軒で、昨年の322軒よりも4%増加。最も販売が多かったのはエヴァ(西オアフ島)で70軒、ミリラニ(中間オアフ)が25軒、パールシティアイエアとリーワードがどちらも22軒と続いた。エヴァの一戸建て中間販売価格は68万1875ドル(約7,500万円)で、ミリラニが73万1500ドル(約8,050万円)、パールシティアイエアが74万5000ドル(約8,200万円)、リーワードが51万7500ドル(約5,700万円)。一戸建て住宅の7月の中間販売日数は20日間で、昨年の16日間よりも25%も販売日数が伸びています。

ワイキキ中心部に新たな賃貸専用コンドミニアムが建設予定

 インターナショナル・マーケットプレイスの開発元であるクイーンエマランド社は、シンフォニーホノルルの開発会社であるオリバーマクミラン社と共同でワイキキ中心部に約80mの高さになる商業施設とコンドミニアムを含む複合型施設を建設すると発表。

 場所はクヒオ通りの角に位置し、元マキティ・ハワイの跡地に建設予定。コンドミニアムは中低所得者のための低価格ユニットも賃貸予定でそのユニットが100戸、その他通常賃貸用ユニットが400戸、新たな複合施設に450戸、ダイヤモンドヘッドそばにある4つのアパートメントを再開発し、50戸、合計500戸の賃貸専用コンドミニアムになる。約10,200㎡にも及ぶこのプロジェクトは、2階に約3,800㎡の商業スペースを含み、そこには大きなバニヤンツリーが植えられる。

公開日:2017年10月30日

いいね・コインとは?
気になった数
シェア
ツイート
LINEで送る

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

ジニー 三千代 フォガティの記事

セミリタイアの記事

セミリタイアの新着記事

すべての記事

新着記事

新着!大家さんのお悩み相談

あなたにおすすめの収益物件

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

[特集]
不動産賃貸経営体験談を大家さんに語ってもらいました
ハワイでセミリタイア 別荘を手に入れる方法
経営者・成功者が語る ~経営者取材対談~

コラム特集

   [PR] ベテラン大家が選ぶ、賃貸管理会社とは?

×

PAGE TOP