警察による防犯カメラの活用法|集合住宅への防犯設備設置による不動産オーナーの地域貢献|株式会社日本防犯設備 北澤

×
←不動産賃貸経営博士
>
>
>
警察による防犯カメラの活用法|集合住宅への防犯設備設置による不動産オーナーの地域貢献

警察による防犯カメラの活用法|集合住宅への防犯設備設置による不動産オーナーの地域貢献

いいね・コインとは?
気になった数
シェア
ツイート
LINEで送る

住宅設備 株式会社日本防犯設備 北澤

茨城県出身。 大学卒業後、都内大手学習塾での勤務を経て、2010年より防犯カメラ業界にて 、犯罪の抑止を主題に防犯活動に従事。 2014年より株式会社日本防犯設備で広報・マーケティングを担当。

防犯カメラがあれば、何かあった時に警察に証拠を提出し、対処してもらうことができる、という所まで知っている方は多いと思います。

では警察は防犯カメラの映像を確認した後、どのように動くのでしょうか?

現在「捜査の3種の神器」の一つとなった、警察の防犯カメラ活用方法について、今回はお話します。

犯行現場の映像だけでは物事は進まない

アパート・マンションで何か事件が起きた時に、警察が動いて犯人が検挙されるかどうかは非常に重要です。

もし速やかに犯人が逮捕されれば、住人は安心して暮らすことができます。

逆にいつまでたっても犯人が逮捕されない場合、住人の中には、また犯人がやってくるかもしれない、と不安を抱き続けてしまうこともあります。

もし物件に防犯カメラがついていない場合、警察に「防犯カメラ映像などの証拠がないと動けない」と言われてしまうこともあります。

つまり、警察に確実に動いてもらう為にも、防犯カメラの設置は必要性が高いといえます。

もし物件に防犯カメラがついていた場合、犯人の顔が鮮明に映っていなくても、現在の警察は犯人の追跡が可能だといわれています。

事件が起きたのが何時何分で、犯人らしき人物の服装や特徴が判明すれば、その時間を起点に周辺の防犯カメラを現場に近い所から順々に確認していく事で、犯人の逃走経路が判明するからです。

ある事件では、事件当時に持っていたリュックサックが手がかりとなり犯人が逮捕され、中には逃走車の故障個所から犯人が判明した事例もあります。

現地の防犯カメラ映像が決定的な証拠をつかんでいなくとも検挙につながる、というのは非常に頼もしい限りです。
 

公開日:2018年7月18日

いいね・コインとは?
気になった数
シェア
ツイート
LINEで送る

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

株式会社日本防犯設備 北澤の記事

空室対策の記事

すべての記事

新着!大家さんのお悩み相談

あなたにおすすめの収益物件

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

特集一覧

[特集]
不動産賃貸経営体験談を大家さんに語ってもらいました
ハワイでセミリタイア 別荘を手に入れる方法
経営者・成功者が語る ~経営者取材対談~

コラム特集

   [PR] ベテラン大家が選ぶ、賃貸管理会社とは?

×

PAGE TOP