【第21話】私の物件検索方法と購入出来た物件について(築古戸建)|G.Sakamoto

×
←不動産賃貸経営博士
>
>
>
【第21話】私の物件検索方法と購入出来た物件について(築古戸建)

【第21話】私の物件検索方法と購入出来た物件について(築古戸建)

いいね・コインとは?
気になった数
シェア
ツイート
LINEで送る

大家 G.Sakamoto

東京多摩在住のサラリーマン大家です。 本格的に大家業を開始して丸1年経った所なので経験は浅いですが、これから賃貸経営を考えている方々の1歩を踏み出せる情報を発信していきたいです。 主に今まで私自身が色々な先輩大家さんと出会って学んだ事、仲間に手伝ってもらい助けてもらった事、自分の考え方の変化などを書いていきます。

大家さんになって5年目に入りました。
これまで色々な大家さん(経営者)にお会いして話を伺いましたが、100人いれば100通りの経営方針が有ります。
私が実践している入口の部分、物件の選び方や買い方などをお伝えしていきます。

私が行っている物件検索方法

ほとんどの方がネットでの物件検索をしていると思います。
不動産投資博士でも多数の物件が検索できます!
が…
戸建の場合、収益物件を扱っているサイトより実需向けのサイトで探す方が数多く掲載されていますのでそちらで探す方が多いです。

私の場合は
収益率(利回り)重視で考えていますので、首都圏でいうと圏央道の外側になってしまいます。
また必然的に築年数が経っている物件になりますので、中古戸建と古家付き売地の両方で検索を掛けています。

物件検索サイトによっては希望の条件を登録しておくとメールやラインで新着情報を送ってくれるサイトも有りますので、活用してみては如何でしょうか?
 

古家付き売地とは?

古家付き売地とは土地として販売していますが現在は建物が残っている状態の事をいいます。
基本的には現状渡し(そのまま売買するから買主さんで解体するなり好きにしてね)となりますが、よく見ると中には引渡し条件が「解体更地渡し」
というものが有ります。
これは現在は建物が建っていますが、引渡し時には更地にして渡しますよ!という意味です。
リフォームに多額のお金が掛かってしまいそうな物件も沢山ありますが、中には築年数が古いし売主様が建物の瑕疵(不具合があった時の責任)を取りたくないからと、そこそこ状態が良い物件もたまにあります。

私の購入した1軒目も古家付き売地、解体更地渡しの条件でした。

【第19話】低属性サラリーマンが自己資金300万円で何を買うのか?戸建編②
https://www.chintaikeiei.com/column/00001665/

戸建や倉庫がほとんどですがたまに古アパート付き売地も見かけます。

公開日:2020年5月22日

いいね・コインとは?
気になった数
シェア
ツイート
LINEで送る

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

G.Sakamotoの記事

購入の記事

すべての記事

新着記事

新着!大家さんのお悩み相談

あなたにおすすめの収益物件

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

特集一覧

[特集]
不動産賃貸経営体験談を大家さんに語ってもらいました
ハワイでセミリタイア 別荘を手に入れる方法
経営者・成功者が語る ~経営者取材対談~
大家さんが注意すべき設備故障の対処法について設備メーカーが解説!

認知症対策として注目されている『家族信託』の仕組みとは?

サラリーマン大家さんの確定申告!アパート経営者なら知っておくべき白色申告と青色申告の違いって?

コラム特集

   [PR] ベテラン大家が選ぶ、賃貸管理会社とは?

PAGE TOP