【第4話】″競売″や任意売却の裏側|物件選びのコツとは?|安次富 勝成

×
←不動産賃貸経営博士
>
>
>
【第4話】″競売″や任意売却の裏側|物件選びのコツとは?

【第4話】″競売″や任意売却の裏側|物件選びのコツとは?

いいね・コインとは?
気になった数
シェア
ツイート
LINEで送る

不動産会社 安次富 勝成

弊社では、これまでに1,000件を超える不動産取引と200件を超える相続相談を行いファイナンシャルプランニングや、不動産コンサルティングの知識を駆使し、その道に特化した専門家と協力しながらお客様の最大の利益を追求して参ります。 失敗が許されない業務だからこそ、法律、税務、不動産、建築等すべてを見渡せるコンサルタントの存在が必要と言えます。

競売不動産はリスクが高く、なかなか手が出せないと考えておられる方も多いと思います。
競売や任意売却の裏側を知ることでリスクが可視化されリスクの範囲が分かるようになります。
取れるリスクと取れないリスクを判断して、お宝物件(競売不動産)を落札しましょう。

入札の第一歩は”3点セット”を入手すること

競売不動産は基本的に中が見れません。

そのため、裁判所から提供される資料を見て
入札するかどうかを判断し、入札価格を決めなければなりません。

裁判所から提供されるのは以下3つの資料です。

1.物件明細書
2.現況調査報告書
3.評価書


この3つを総称して「3点セット」と呼んでいます。

3点セットは第3話でご紹介した
『BIT』や『981.jp』から
無料でダウンロードできます。

サイト上で気になる物件を見つけたら
まずは3点セットを入手してください。
 

STEP1:まずは概要を把握しよう

3点セットは1つのPDFファイルにまとめられています。

ファイルを開くと「期間入札の公告」という表紙がついています。

ここには競売の概要が記載されています。

まずは以下のポイントをチェックしてください。

1.スケジュール

・入札期間はいつか?
・結果がわかるのはいつか?

をチェックしておきましょう。

入札するには事前に保証金を支払わなければならないので
お金を用意する計画も立てておきましょう。

2.入札価格に関する事項

以下の3つの意味は理解しておいてください。

・買受可能価額:最低入札価格

・売却基準価額:入札金額の基準となる価格(不動産鑑定士が算出したもの)

・買受申出保証額:入札する際に、保証金として裁判所に支払わなければならない金額

※落札したのに代金を支払わない場合、この保証金は没収されます。
落札できなければもちろん返してもらえます。
 

公開日:2017年11月15日

いいね・コインとは?
気になった数
シェア
ツイート
LINEで送る

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

安次富 勝成の記事

購入の記事

購入の新着記事

すべての記事

新着!大家さんのお悩み相談

あなたにおすすめの収益物件

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

特集一覧

[特集]
不動産賃貸経営体験談を大家さんに語ってもらいました
ハワイでセミリタイア 別荘を手に入れる方法
経営者・成功者が語る ~経営者取材対談~

コラム特集

   [PR] ベテラン大家が選ぶ、賃貸管理会社とは?

×

PAGE TOP