築40年超の賃貸物件で空室が続き、家賃値下げする場合の一つの考え方|相続大家・井原裕史

×
←不動産賃貸経営博士
>
>
>
築40年超の賃貸物件で空室が続き、家賃値下げする場合の一つの考え方

築40年超の賃貸物件で空室が続き、家賃値下げする場合の一つの考え方

いいね・コインとは?
気になった数
シェア
ツイート
LINEで送る

大家 相続大家・井原裕史

これまでの「相続大家」経験を踏まえ独断と偏見を交えたつぶやきをしてみたいと思います

相続大家さんが抱える悩みの一つに築古物件を継承した場合のマネージメントの難しさがあります。

具体的には築40年超の賃貸物件を相続したケースが該当します。
その物件の商品性を維持しながら空室を回避するための対応を施して行くのは常に頭の痛い問題となります。

実際に、築古物件と言うハンディキャップを抱えて何とか空室を埋めることが必要となり、その対応策として家賃を下げる選択肢をとることとなった場合を前提として自分なりの考え方を開陳します。

賃貸経営を行う上での基本的な考え方

永くサラリーマンを続けて来ていますが、50歳以降になってから突然に築古物件を相続することになって非常に戸惑った経緯があります。

最初から暗中模索の繰り返しでしたが、今でも実は行き当たりバッタリに試行錯誤を続けていると言うのが実態です。

賃貸経営セミナーのハシゴをしたり不動産勉強会に参加して、少しでもアパート経営の参考になるものを得たいと四苦八苦している中で感じたことがあります。

優秀な不動産コンサルタントの講演や先進的な賃貸オーナーの成功事例(場合によっては失敗事例)などはとてもタメになることが多く、実際、参考にして賃貸経営に生かして来ました。
しかし、不動産はそれぞれが個別性の強い経営資源(謂わば一物一価)であることから、最終的には自分の物件に即した独自の工夫や対応の仕方を施すことが必要不可欠であるということを改めて感じている次第です。
 

築古物件で空室対策を施すに際しての心構えなど

自分の物件に見合った対応を考えるということは、ある意味で身の丈に合った工夫をするということになると理解しています。

それと、空室対策や工夫を施すについては「100%の正解」はあり得ないことを前以て認識することも大事ではないかと感じ、実際にそのように対応しているつもりです。

これまで築古物件を蘇生させるために”フェニックス・プロジェクト”と名付けて、建物の耐震補強をはじめとして、部屋ごとのリフォーム、リノベーション、或いは斬新な外壁塗装の工夫など試行錯誤を繰り返して来ました。

築古物件は賃貸マーケットで競争劣位にあることは否めないものがあるため、「家賃の値下げ」も市場商品性の実態に鑑みてやむを得ない対応のひとつであると判断して実施して来ています。

 

更新日:2018年10月16日 (公開日:2018年5月1日)

いいね・コインとは?
気になった数
シェア
ツイート
LINEで送る

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

相続大家・井原裕史の記事

空室対策の記事

空室対策の新着記事

すべての記事

新着!大家さんのお悩み相談

あなたにおすすめの収益物件

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

特集一覧

[特集]
不動産賃貸経営体験談を大家さんに語ってもらいました
ハワイでセミリタイア 別荘を手に入れる方法
経営者・成功者が語る ~経営者取材対談~

コラム特集

   [PR] ベテラン大家が選ぶ、賃貸管理会社とは?

×

PAGE TOP