賃貸経営博士の“春の不動産賃貸経営フェア2018”にパネリストとして初めて参加|相続大家・井原裕史

×
←不動産賃貸経営博士
>
>
>
賃貸経営博士の“春の不動産賃貸経営フェア2018”にパネリストとして初めて参加

賃貸経営博士の“春の不動産賃貸経営フェア2018”にパネリストとして初めて参加

いいね・コインとは?
気になった数
シェア
ツイート
LINEで送る

大家 相続大家・井原裕史

これまでの「相続大家」経験を踏まえ独断と偏見を交えたつぶやきをしてみたいと思います

「ベテラン大家の成功談、秘訣」と言う座談会に参加させていただきました。

3人のパネリストのひとりとして出席しましたが、パネリストの他に専門家として弁護士先生がコメンテーターとして参加されました。

パネリストは三者三様の意見を開陳し、それぞれの立場で見解がハッキリ分かれるテーマもありましたが、弁護士先生が専門家の立場から手短かに整理、的確なアドバイスを加えられ、自分にとっても良い勉強の機会となりました。

コラムの作成と「座談会」とのつながり

2017年7月からこれまでの約10か月間に15本ほどのコラムを記載させていただいていますが、基本的に「独断と偏見」に満ち自分勝手な思い込みや誤解なども多いと認識しており、内心忸怩たる思いでおります。

尤も、コラムで取り上げて来た内容は「本音」を語っていますので、自らの思いを嘘、偽りなく正直に開陳していると言う事については誇りと矜持をもっています。

ところで、今回の「座談会」では、おススメの空室対策、設備強化、過去のトラブル事例、解決法、入居者とのコミュニケーション、さらには今後の賃貸市場について等、賃貸経営管理に関わる幅広いテーマが取り上げられました。

実は、これらのテーマは今まで自分がコラムで取り上げて来たテーマと被るところが少なくありませんでした。「座談会」のそれぞれのテーマについては事前に考えを纏める作業を進めて置いたのですが、テーマの多くはコラムの中であらかじめ自分の意見を整理して文章にしている形となっていた為、改めて自らの考えを纏める手間はさほどかからなかったと言うのが率直な思いです。

 

「座談会」の参加が自分にとって良い勉強の機会

設備強化のテーマを始めとして他のベテラン・パネリストの方々のご意見・アドバイスに、聴衆の皆様よりも先ず以て自分が思わず膝を打つ場面が少なからずあり、改めて「参考になるな~!」と感嘆頻りの機会と相成った次第です。

「入居者とのコミュニケーション」と言うテーマについて実は、自分を含めて3人のパネリストがそれぞれ三者三様の立場から異なる意見を開陳しました。基本的に、私は入居者の方々と出来るだけコミュニケーションを取るように努めているとの立場でした。

今回の「座談会」には、3人のパネリストのほかに専門家(弁護士)がコメンテーターとして参加されました。入居者とのコミュニケーションのテーマについて専門家の立場から、「注意しなくてはいけないのは、特に揉め事を孕むような局面では、オーナーが直接に入居者と接触することが妥当でないことも有り得る・・・・」旨のアドバイスがありました。

入居者とのコミュニケーションを深めることは「入居者との関係性の見える化」と言う点から重要であることは間違いないと思います。ただし、時と場合によって入居者との距離感、状況判断など微妙な「さじ加減」が必要であることを改めて認識させていただく良い機会となり格好の勉強の場面となりました。

 

公開日:2018年6月6日

いいね・コインとは?
気になった数
シェア
ツイート
LINEで送る

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

相続大家・井原裕史の記事

賃貸管理の記事

すべての記事

新着!大家さんのお悩み相談

あなたにおすすめの収益物件

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

特集一覧

[特集]
不動産賃貸経営体験談を大家さんに語ってもらいました
ハワイでセミリタイア 別荘を手に入れる方法
経営者・成功者が語る ~経営者取材対談~
大家さんが注意すべき設備故障の対処法について設備メーカーが解説!

認知症対策として注目されている『家族信託』の仕組みとは?

エアコンの水漏れは故障?水漏れを防ぐための大家さんができる事前対策について!-ダイキン工業株式会社-

コラム特集

   [PR] ベテラン大家が選ぶ、賃貸管理会社とは?

PAGE TOP