「ハワイの賃貸物件は需要過多」憧れのハワイ(遠隔地)で海外不動産の運用を上手く行うコツは?|ジニー 三千代 フォガティ

×
←賃貸経営博士
賃貸経営博士コラムセミリタイアのコラム > 「ハワイの賃貸物件は需要過多」憧れのハワイ(遠隔地)で海外不動産の運用を上手く行うコツは?

「ハワイの賃貸物件は需要過多」憧れのハワイ(遠隔地)で海外不動産の運用を上手く行うコツは?

いいね・コインとは?
気になった数
シェア
ツイート
LINEで送る

不動産会社 ジニー 三千代 フォガティ

ハワイにて不動産業を行い40年以上 ハワイ不動産界の重鎮日本人エージェント。全米不動産協会およびホノルル不動産協会より、40年以上の功績により、日本人初の名誉不動産業者賞を受賞。長年の経験と誠実な対応から、ハワイ不動産の『トラブルかけ込み寺』的な存在

ハワイの賃貸不動産は現在「需要過多」と言われています。
ただ、オーナー様の運用次第で、利益が見込めるものも、残念な結果に終わってしまうことも・・・
オーナー様が海外不動産を上手く行うためのポイントをご紹介いたします。

「ハワイの賃貸物件は需要過多」

今年の夏は、レンタルの出入りが大変忙しかったのですが、それよりも「レンタル用」のコンドミニアムは、1970年代の10年間に建った物件が多く、35年以上経った物件がほとんどですので、結果、スプリンクラー(火災用)、上下水の配管、セントラル・エアコン等々…と、大型のリノベーションの話題が多かったように思います。

中には、オーナーの方々が海外に住んでいらっしゃるため、大型リノベーション実施への承諾書票が、コンドミニアムのオーナー組合に集まらずに困っているコンドミニアムもあります。と言う事は、相対的に見て、その物件の「価値観」が下がってしまったコンドミニアムもありますので、ご注意ください。

レンタルマーケットは、相変わらず上々の為、購入目的でレンタル用物件を探された方が多く見られました。

ホテルの稼働率から見ても、ハワイに憧れている方々が大変多いのは分かります。特にアメリカ本土から来る方は、天災の少ないこのハワイは憧れの的なのです。と言う事は、衣・食・住の「住い」へのこだわりは、普通ではありません。

需要と供給のバランスがすでに壊れているハワイでは、「空いているお部屋」をお持ちの方は、本当にもったいない話です。

ところが、急に長距離電話で賃貸に出している部屋を使用するのでテナントに退去するように要請してくるオーナー様、市場価格を考えずに賃貸料金を値上げするよう管理会社に指示するオーナー様等々、それによって、何週間も空き部屋になる事をお判りにならないオーナー様…。

やはり、その時の情勢を熟知したベテランの管理会社に、お任せする事をお勧めいたします。
 

いいね・コインとは?
気になった数
シェア
ツイート
LINEで送る

更新日:2017年11月18日 (公開日:2017年10月16日)

ジニー 三千代 フォガティの記事

セミリタイアの記事

セミリタイアの新着記事

セミリタイアの人気記事

すべての記事

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

関連おすすめ特集

新着!大家さんのお悩み相談

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

関連おすすめ特集

新着!大家さんのお悩み相談

あなたにおすすめの収益物件

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

特集一覧

[特集]
ハワイでセミリタイア 別荘を手に入れる方法
起業から30年…成功者が語る『成功の秘訣』

の特集

コラム特集

   [PR] ベテラン大家が選ぶ、賃貸管理会社とは?

PAGE TOP