それはマナー違反です!|daitoku

×
←不動産賃貸経営博士
>
>
>
【第9話】カンタンに見つかる優秀なリフォーム業者さんの探し方!

【第9話】カンタンに見つかる優秀なリフォーム業者さんの探し方!

シェア
ツイート
LINEで送る

大家 daitoku

大手不動産会社で賃貸管理部署に13年在籍。 担当戸数は1200戸で入居率は97%を維持しています。 また自身でも頭金なし、保証人なし、コネなしからアパート6棟戸建1戸 区分1戸を所有しています。 不動産投資(賃貸経営)に関する様々なノウハウや不動産業界(主に賃貸関連)の裏話などをぶっちゃけていこうと思いますので宜しくお願い致します。

それはマナー違反です!

例えば原状回復工事の見積もりということで管理会社担当者と現地で待ち合わせした時
業者さんも一緒に来ているケースもあると思いますが、そこで担当者の目を盗んで連絡先を
聞いたりして直接やりとりを始めるのはマナー違反です。


ちゃんと担当者を通して紹介してもらってください。
出来れば原状回復工事が出来るところと、電気・水道関連の工事が出来る業者さんを
紹介してもらえると日常の賃貸経営は盤石となります。


ただ通常担当者や管理会社からしたら利益の減る話となりますので
担当者としっかりと信頼関係を構築出来ている事が前提となります。


正直言って、あなたがとてもいい人で担当者と信頼関係を構築出来ているけど、あなたは
とても工事金額に関して厳しい目を持っていると認識してもらっていると、担当者からしても
いくらがんばっても大きな工事は望めないし、やりとりも面倒なので紹介してもらえる可能性は高いと思います(笑)


ただ紹介してもらったら担当者に御礼をしておくことが大事だと思います。
いずれにしても担当者の利益が減ることは間違いないですから。


 

最後に

紹介された業者さんは高い確率で良い業者さんだと思います。
なんたって管理のプロが日常的に依頼している業者さんですからへんな業者さんだと
絶対に取引していないでしょう。


ただし、そんな業者さんでもミスはあるでしょうし、問題も発生するかもしれません。
そんな時でも管理の担当者に変な業者を紹介しやがって!と怒りの矛先を向けてはダメです。


もう直接やりとりしている以上管理担当者は関係ありませんので、もし問題があった場合は
可能であれば別の業者さんを紹介してもらうようにしましょう。


怒りの矛先を担当者に向けてしまうとあなたまで問題のある大家さんというレッテルを
貼られてしまうでしょう。


良いパートナーをみつければ賃貸経営の幅は広がりますし、ぜひ見つけるように
動いてみて下さいね!

公開日:2019年3月11日

シェア
ツイート
LINEで送る

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

daitokuの記事

賃貸管理の記事

すべての記事

新着!大家さんのお悩み相談

あなたにおすすめの収益物件

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

特集一覧

[特集]
不動産賃貸経営体験談を大家さんに語ってもらいました
ハワイでセミリタイア 別荘を手に入れる方法
経営者・成功者が語る ~経営者取材対談~
大家さんが注意すべき設備故障の対処法について設備メーカーが解説!

認知症対策として注目されている『家族信託』の仕組みとは?

サラリーマン大家さんの確定申告!アパート経営者なら知っておくべき白色申告と青色申告の違いって?

コラム特集

   [PR] ベテラン大家が選ぶ、賃貸管理会社とは?

PAGE TOP