立ち退き料とは?立退き料の請求方法や相場など大家さんが知っておいた方が良い立ち退き知識-賃貸経営博士-

×
←賃貸経営博士
賃貸経営博士 > 滞納 退去 > 滞納 退去 契約解除 > 「立ち退き交渉術」を学ぶ > 立ち退き料とは?立退き料の請求方法や相場など大家さんが知っておいた方が良い立ち退き知識

立ち退き料・立ち退き費用問題

シェア
ツイート
LINEで送る

立ち退き料とは?

立ち退き料とは、賃貸人の要請に応じて賃借人が賃借物件を明け渡す場合に、 その代償として支払われる費用 です。また「立ち退き料」という言葉は法律的用語ではなく、 絶対的なものでない事を説明の前に付け加えて頂きます。

※立ち退き料提供の申し出も正当理由が不十分である場合に、それを補う正当理由の一つとなる場合もあります。

一般的な立ち退き料の相場 - 例 -

新しい住居を探す為の費用(保証金・敷金・礼金・仲介手数料・・・etc。)や 移転先に引越をする為の引越費用等(家賃の5ヶ月~6ヶ月)を支払う事が多いようです。

※経過・状況・地域・事案によって大きく異なります。決して法律で決められているものではありません。


立ち退きに関して通知から全て専門会社などに依頼する大家さんもいるようです。 ただし専門会社との契約内容にもよりますが、その分費用はかかります。

それに対し大家さん自身で交渉などを行う場合には、専門会社などに依頼する費用は省けますが、時間や交渉力・根気などの労力が必要になってくるでしょう。

上記のようにどちらにもメリット・デメリットがありますので、費用や時間・現状を考慮し平穏無事に立ち退いてもらう一番良い方法を選びましょう。
ポイント

一般的に、賃貸人の都合で立ち退いてもらう場合、立ち退き料が支払われるのが 通例ですが、賃貸人が必ず支払わなければならないものでは有りませんし、 金額も決まっているわけではありません。
日常で信頼関係を保っておけば、立ち退く場合の条件 (金銭・時期・引越し先等)を貸主側が提示し、その提示が了解できるものであれば、 心良く立退きに応じてくれるのではないでしょうか。

立ち退きというものは、自分の立場を一方的に主張をするのではなく 入居者の事情も考慮して、立ち退いてもらう状況・経緯・理由などを 誠意をもって説明し、お互いが歩み寄る形で話し合う事が大切です。

やり方によっては入居者側の神経を逆撫でして、 かえって問題をこじらせる場合もあるので慎重に行いましょう。
  

シェア
ツイート
LINEで送る

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

新着!大家さんのお悩み相談

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

新着!大家さんのお悩み相談

あなたにおすすめの収益物件

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

滞納 退去 特集一覧

滞納退去
空室対策
賃貸管理
土地活用
不動産投資
相続・税金
[PR] 6,760万円の相続税評価額が3,000万円に!?私だったらどうなる?今すぐ無料相続診断
[特集]
ハワイでセミリタイア 別荘を手に入れる方法
起業から30年…成功者が語る『成功の秘訣』
   [PR] ベテラン大家が選ぶ、賃貸管理会社とは?

PAGE TOP

jQuery("a").click(function(e) { var ahref = jQuery(this).attr('href'); if (ahref.indexOf("chintaikeiei.com") != -1 || ahref.indexOf("http") == -1 ) { ga('send', 'event', 'tr_tachinoki2_in', 'click', ahref);} else { ga('send', 'event', 'tr_tachinoki2_ex', 'click', ahref);} }); });