立ち退きの注意点!立退き費用や強制退去の正当事由や告知期間・流れなど-不動産賃貸経営博士-

×
←不動産賃貸経営博士
>
>
>
立ち退きの注意点!立退き費用や強制退去の正当事由や告知期間・流れなど

立ち退き問題・強制退去問題

シェア
ツイート
LINEで送る

立退き

解約申し入れ(立ち退き)の理由は様々ですが、一般的には以下のような事が考えられます。

立退きにまつわる質問・相談事例
  • 建替えて資産価値を高めたい
  • 今まで貸していたが、これからは自分で住みたい
  • 家賃滞納者など入居者に困っている
  • 建物を売却したい
  • 都市計画事業による立ち退きなど

ポイント

賃貸物件の契約(定期借家契約は除く)では、 大家さんからの解約の申し入れ(退去勧告)は原則期間満了の6ヶ月前までに 借家人に対し解約の申し入れをしなければなりません。 また期間の定めがない場合には、解約申し入れから6ケ月経過したときに 解約の効力が生ずるとされています。

\ 注意! /
6ヶ月猶予においての解約に関しても、申し入れには正当な理由が必要であり、 正当事由なくして解約は出来ないとされています。(借地借家法28条)
※正当事由とは、貸主が借主に住居の明け渡しを 求めることができる一般社会の常識的な理由を指します。

例えば・・・
建物が古く「新耐震基準法」を満たしていないで倒壊や破壊の危険性がある場合等。 ただし個々のケースにより状況・経緯・理由などが変わってきますので、 最終的に正当事由が認められるかどうかは、裁判をしてみないと何ともいえません。
入居者へ立ち退きの促し方と妥当な立ち退き料について!

不動産トラブルに強い弁護士・法律専門家紹介
シェア
ツイート
LINEで送る

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

新着!大家さんのお悩み相談

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

新着!大家さんのお悩み相談

あなたにおすすめの収益物件

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

滞納 退去 特集一覧

滞納退去
空室対策
賃貸管理
土地活用
不動産投資
相続・税金
[PR] 『家族信託』を知らずに相続・贈与に関する悩みや認知症への不安を抱えていませんか?
[特集]
ハワイでセミリタイア 別荘を手に入れる方法
自分だけの生き方を謳歌する賢者への取材対談
   [PR] ベテラン大家が選ぶ、賃貸管理会社とは?

PAGE TOP