税理士が教える 『相続税法改正による税率・課税対象・課税対象額について!』 改正相続税法施行で相続税はどう変わる?-不動産賃貸経営博士-

×
←不動産賃貸経営博士
不動産賃貸経営博士 > 相続 税金 > 相続 税金 贈与税 > 【web版】学んで得する税務コラム > 税理士が教える 『相続税法改正による税率・課税対象・課税対象額について!』 改正相続税法施行で相続税はどう変わる?

改正2.『相続税の税率構造』

最高税率の引き上げなど税率構造が変わります。

シェア
ツイート
LINEで送る

また、改正1にてお話ししたとおり、直近の相続税の課税割合(課税件数÷死亡者数)は全国平均で4.2%程度ですが、平成24年の相続税の課税割合を都道府県別に分析してみると、1位が東京都で9.1%で最も高く、続いて2位が愛知県の7.9%、3位が神奈川県の6.7%、4位が埼玉県5.6%、5位は静岡県5.2% となっており秋田県が1.1%と最も低い割合となっています。
更に東京23区内における相続税の課税割合は、現状でも千代田区や渋谷区などでは20%を超えてます。

平成27年以後に亡くなられると、特に地価の高い地域にお住まいの方あるいは資産を持たれている方は相続税の課税を避けることができない状況になる公算が大きいと予想されます。

そして今回の相続税の改正で基礎控除額(3000万円+600万円×法定相続人の数)を超える財産を所有している方は、お金持ちに該当することになるため、その方の相続人は相続が発生したら「富の再分配」のために遺産の一部を相続税として国に納めなければなりません・・・ちょっとつらいですよね。

それでは、どのような財産が相続税の課税対象になるかというと一部の非課税財産を除き、現金・預貯金や不動産、株式、債権、書画骨董、貴金属、家庭用財産などほとんどの財産が相続税の課税対象になります。

この他に被相続人(亡くなった人)が日本国外に所有していた財産や実質的に被相続人の財産であるにもかかわらず家族名義となっている預貯金等、死亡退職金・死亡保険金、被相続人から亡くなる前3年以内に相続人が贈与を受けた財産なども相続税の課税対象になるため注意が必要です。

シェア
ツイート
LINEで送る

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

新着!大家さんのお悩み相談

あなたにおすすめの収益物件

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

相続 税金 特集一覧

相続・税金
空室対策
滞納退去
賃貸管理
土地活用
不動産投資
相続 税金 関連記事
[PR] 『家族信託』を知らずに相続・贈与に関する悩みや認知症への不安を抱えていませんか?
[特集]
不動産賃貸経営体験談を大家さんに語ってもらいました
ハワイでセミリタイア 別荘を手に入れる方法
経営者・成功者が語る ~経営者取材対談~
大家さんが注意すべき設備故障の対処法について設備メーカーが解説!

認知症対策として注目されている『家族信託』の仕組みとは?

サラリーマン大家さんの確定申告!アパート経営者なら知っておくべき白色申告と青色申告の違いって?

相続税金の特集

家賃収入で生きるために大家がやらなければならない手続きとは?
不動産収入の確定申告!サラリーマン大家が確定申告に役立つ注意点や経費のポイント
不動産投資でどこまで経費として認められる?サラリーマン大家さんが気になる節税対策!
親のアパートを相続した時に考えるべき初心者大家さんのポイント!遺産相続でアパート経営を引き継ぐ
相続でアパートの生前贈与を考えるなら贈与税の仕組みと効果を学ぼう!
地主大家の相続税対策|相続した土地・農地の活用失敗・成功事例
売れない土地の相続対策|いらない土地や価値の低い土地は相続放棄すべき?活用方法や種類など
戸建て賃貸のメリットとは?戸建て賃貸の節税効果や遺産分割対策など
家賃収入のいくらから確定申告が必要?手続きや計算方法の基礎知識について
アパート経営の固定資産税とは?アパート経営や賃貸管理の為の節税とは?
認知症患者数は年々増加!?大家さんが認知症になった時の「資産凍結のリスク」とその対処法
家族信託は相続対策に有効?大家さんの資産を守る認知症対策としての『家族信託』
信託契約の注意点|『家族信託』や『民事信託』を結ぶ際に注意すべき点を不動産に詳しい弁護士に解説していただきました!
信託口口座の現状と重要性|『家族信託』で必要になる信託口口座。「屋号口座」は「信託口口座」の代わりになるのか?
賃貸経営の利回り計算方法利回りとは?マンション投資をする前に知っておきたい利回りのあれこれ。
   [PR] ベテラン大家が選ぶ、賃貸管理会社とは?

PAGE TOP