【第8回】はじめての賃貸経営~買ったはいいが、事故物件・・・?|エジソン法律事務所 大達 一賢

×
←賃貸経営博士
賃貸経営博士コラム購入のコラム > 【第8回】はじめての賃貸経営~買ったはいいが、事故物件・・・?

【第8回】はじめての賃貸経営~買ったはいいが、事故物件・・・?

いいね・コインとは?
気になった数
シェア
ツイート
LINEで送る

弁護士 エジソン法律事務所 大達 一賢

相続や不動産案件、離婚、交通事故等個人の方から企業法務も含め、幅広い案件を専門家としての知識と経験を生かして取り扱っています。依頼者目線で正当かつ最大限の利益を実現すべく、慎重かつ柔軟に考え、日々業務に取り組んでいます。

賃貸経営も軌道に乗り始め、大家業務も慣れてきたXさん。
買得物件を見つけたことから、新たな物件を買うことにしました。
しかし、そこには罠が・・・!

新たな物件購入!

 賃貸経営も軌道に乗り始め、大家業務も慣れてきたXさん。
 住んでいる地域が大人気アニメの舞台になったこともあり、本業である商店の利益もうなぎ上りです。
 そのため、ローンの繰上返済も見え、与信枠も広がったことから、偉大なる大家への道を目指し、新たな賃貸経営を始めようという気になり始めました。
 球界では二刀流の大谷が話題をさらっていますが、賃貸業界では本業の商店と賃貸の二刀流の大家が話題をさらうかもしれませんね。
 
 そこで、Xさんは、近所の不動産屋であるL社に行き、何か目ぼしい物件がないか探してみることにしました。
 物件一覧表を見ていると、最寄り駅から近く、築年数も10年程度なのにもかかわらず、相場より2割ほど安い土地付きアパートが載っているのを発見しました。

 全6部屋中3部屋が空室であることもあり、「これは事故物件か何かじゃないか・・・?」と思い、L社の担当者に聞いてみると、「これは、前の所有者が病気で亡くなってしまい、親族が相続税支払いのために売却したものであるから、安くなっている」という旨の説明を受けました。すなわち、自殺や事件があった、いわゆる典型的な事故物件とは異なるとのこと。
 
 内見に行って確認したところ、建物自体はきれいな状態で、周囲に墓地や工場のような、いわゆる嫌悪施設は特にあるわけでもありません。駅からも徒歩5分という好立地です。入居者も見込めるということで、Xさんは、この物件を購入することに決めました。
 

いいね・コインとは?
気になった数
シェア
ツイート
LINEで送る

更新日:2017年12月16日 (公開日:2017年1月6日)

エジソン法律事務所 大達 一賢の記事

購入の記事

すべての記事

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

新着!大家さんのお悩み相談

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

新着!大家さんのお悩み相談

あなたにおすすめの収益物件

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

特集一覧

[特集]
ハワイでセミリタイア 別荘を手に入れる方法
起業から30年…成功者が語る『成功の秘訣』

コラム特集

   [PR] ベテラン大家が選ぶ、賃貸管理会社とは?

PAGE TOP