弁護士が教える民法改正で何が変わる!?~売買における「瑕疵担保責任」~|エジソン法律事務所 大達 一賢

×
←賃貸経営博士
賃貸経営博士コラム購入のコラム > 弁護士が教える民法改正で何が変わる!?~売買における「瑕疵担保責任」~

弁護士が教える民法改正で何が変わる!?~売買における「瑕疵担保責任」~

いいね・コインとは?
気になった数
シェア
ツイート
LINEで送る

弁護士 エジソン法律事務所 大達 一賢

相続や不動産案件、離婚、交通事故等個人の方から企業法務も含め、幅広い案件を専門家としての知識と経験を生かして取り扱っています。依頼者目線で正当かつ最大限の利益を実現すべく、慎重かつ柔軟に考え、日々業務に取り組んでいます。

 前回の連載を終えてはみたものの、次のネタ探しに悩むこと数か月。ネタ探しに奔走して色んな寿司屋にも行ってみましたが、財布の中身が軽くなり体重とプレッシャーが重くなるだけでした。
 そんな中、原点に帰ろうと思い立ち、そうだ、弁護士だった!と自分の本分を思い出すに至り、いま松○○代さんの次にホットな話題の民法改正について触れようと思います。

民法が変わる!?

 民法って改正されるの?と思ったそこのあなた。私たちの生活を規律する民法とあなたは無縁ではいられません。

 ひとたびコンビニでパンを買えば売買契約が成立し、お茶入れて!とお願いすれば準委任契約が成立します。パンに異物が入っていれば瑕疵担保責任製造物責任などが問題となり、お茶っ葉が切れてます、買ってくるからお金ください!と言われれば費用前払義務を負うことになります。

 そう、あなたは民法の呪縛から逃れられないのです。

 さてそんな私たちの日常生活に大きな影響を及ぼす民法ですが、なんと明治以来の大改正がなされました。
 もともとの民法すらよく知らねーよ!という声など聞こえません。ここは弁護士らしく民法改正について解説をしてみようと思います。
 

「瑕疵担保責任」とは?

 記念すべき第1回は、売買における「瑕疵担保責任」がどう変わるかについて解説していこうと思います。

 不動産取引をする人にとっては聞き馴染みがあるであろう「瑕疵担保責任」とは、売買などの有償契約において、契約の当事者の一方(買主)が給付義務者(売主)から目的物の引渡しを受けた場合に、目的物の権利関係や目的物そのものに不具合(瑕疵)があるときに売主が負う責任です。売買については目的物に「隠れた」瑕疵がある場合に適用されるものです(民法570条、566条)。

 しかし、この規定については、法的性質や「隠れた瑕疵」の意義、目的物の範囲など、様々な学説の争いがあり、実務においても明確に確定していませんでした。
 

いいね・コインとは?
気になった数
シェア
ツイート
LINEで送る

更新日:2017年11月22日 (公開日:2017年8月5日)

エジソン法律事務所 大達 一賢の記事

購入の記事

すべての記事

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

新着!大家さんのお悩み相談

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

新着!大家さんのお悩み相談

あなたにおすすめの収益物件

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

特集一覧

[特集]
ハワイでセミリタイア 別荘を手に入れる方法
起業から30年…成功者が語る『成功の秘訣』

コラム特集

   [PR] ベテラン大家が選ぶ、賃貸管理会社とは?

PAGE TOP