ソーラーシェアリング 不動産賃貸業でも同じ施主の心得 素人大家の独り言VOL.2|僧俗嫌世(そうぞく・いやよ)

×
←賃貸経営博士
賃貸経営博士コラム土地活用のコラム > ソーラーシェアリング 不動産賃貸業でも同じ施主の心得 素人大家の独り言VOL.2

ソーラーシェアリング 不動産賃貸業でも同じ施主の心得 素人大家の独り言VOL.2

いいね・コインとは?
気になった数
シェア
ツイート
LINEで送る

大家 僧俗嫌世(そうぞく・いやよ)

首都圏近郊の農家が、必要に迫られて不動産賃貸を始めたのが約27年前。 現在は、次期相続に備え、法人化して一部の物件を法人所有としました。 「生活できればそれで十分だが、絶対に負けない大家」であり続けたいと 思っています。

 ソーラーシェアリング設備が去る4月28日に完成し、即日連係(売電開始)となりました。例年、5月はいちばん発電量の多くなる月なのでちょうどよかったと思います。天気の良い日はモニターを見るのが楽しみです。
 この工事を進めるにあたっては、「不動産賃貸業でも同じだなぁ」という、施主側の心得的なものをいくつか感じましたので、何回かに分けて記してみます。ご参考になればと...。

自分自身での設置予定場所の正確な確認

 設置場所は、当家の続き地の敷地のなかの1筆で、今までその地番だけ取り出して何かを検討したことはありませんでした。しかし、今回は、設備を「地目:山林」のこの地番のなかに正確に納めるために、境界石を見つけ出して自分で水糸を張り、市販の巻き尺を使って、設置予定場所を実測しました。そして、その結果を販売店経由で架台メーカーに伝え、設計を進めてもらいました。

 実は、地面を見ただけでは全く分からないのですが、公図上この地番の東側と北側は6尺の行き止まりの公道(農道)になっており、そこに絶対にはみ出さないような設計をしてもらわなければならなかったのです。 
 また、その6尺の公道を跨いだ北側も当家の畑(こちらは「地目、現況とも:畑」)で、そこでの農作業のためにトラクターの通路分を確保しなければなりませんでした。

 私は、設計図が手元に届くと、実際に自分でトラクターを運転して、北側の畑への通路部分や通路から架台下へのトラクターの動線に問題点がないかどうか実地で確かめました。
 無理もないことですが、公図だけが資料で、地番とおよそのサイズの情報しかないメーカーにとって、実際に土地を畑として使っている当家の使い勝手まで想定して一発でドンピシャの図面を作るのは至難の業です。ですから、図面は何回書き直してもらったかわからないほど書いてもらいました。

 自分の目を使って確かめる作業を怠ったら、危うく「投資効果は出るが、邪魔なものができてしまった!」となるところでした。
       
(そうなったら、販売店やメーカーが悪いのではなく、「自分が悪い」のです。)

 

 後日、完成後に父が、「なんだ、これならトラクターが通れるじゃないか!」というのを聞いたときは苦笑してしまいました。(「いくら農業知らなくても、それぐらいの考慮はできますって!」)

いいね・コインとは?
気になった数
シェア
ツイート
LINEで送る

更新日:2017年12月2日 (公開日:2017年5月30日)

僧俗嫌世(そうぞく・いやよ)の記事

土地活用の記事

すべての記事

新着記事

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

新着!大家さんのお悩み相談

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

新着!大家さんのお悩み相談

あなたにおすすめの収益物件

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

特集一覧

[特集]
ハワイでセミリタイア 別荘を手に入れる方法
起業から30年…成功者が語る『成功の秘訣』

コラム特集

   [PR] ベテラン大家が選ぶ、賃貸管理会社とは?

PAGE TOP