父親が土地購入でアパート建設~銀行からの提案で|向日葵

×
←不動産賃貸経営博士
>
>
>
【第五話 大家になった経緯】アパートメーカーの危機と父親が土地購入でアパート建築

【第五話 大家になった経緯】アパートメーカーの危機と父親が土地購入でアパート建築

シェア
ツイート
LINEで送る

大家 向日葵

現在 父1棟9部屋 姉2棟26室 自分1棟15部屋 法人1棟12部屋を 所持している大家一家になった経緯を書かせていただこうと思っています。  他のコラムニストさんのように自慢できる内容はありませんので、どの程度参考になるかはありませんが宜しくお願いします。

父親が土地購入でアパート建設~銀行からの提案で

 さて、とある会社を退陣した創業家一族は新たに会社を立ち上げます。そこにとある会社を去った社員の多くが移籍していました。その社員の中には私の担当も含まれていました。相変わらずに土地購入の案件を提案してきますが、何らかの障害(信用不足や地銀のエリアに含まれないなど)でアパート取得は進みませんでした。
 
 しかし、その地銀から提案がありました。不良債権化した土地で私の家の資産で融資できそうだとの事でした。詳細を聞いてみると地元市川市で国道14号沿、本八幡駅から徒歩で8分で交通の便は良いです。大きなショッピングモールも近いです。やや狭くはありますが魅力的です。どうしたら融資が確実にしてもらえるか銀行に打診したら、父親が良いとの回答をいただきました。土地持ちで、結構多い金額の年金生活で信用問題は無いとの事でした。
さっそく父親名義で作業を始めました。 自己資金は消費税還付の800万円を姉にだしてもらいました。
 既存建築物の撤去が終わると日本を揺るがす事件が発生します。そうです「東日本大震災」です。千葉県では、外房の津波や、浦安の液状化などの被害がでました。
幸いに建物の解体が終り、更地になっていましたので特に被害はありませんでした。
浦安に居住されている方から土地を譲って欲しいと引き合いがあったそうです。
土地はおよそ5000万円で入手したのですが、先方の指値が1億円だというのです。
ここで、売却すればほぼ、何もしないで4000万円の利益確定です。
心は揺れましたが、アパートの建築をすることにしました。
3階建て9部屋のアパートが半年後に完成、すぐに満室となりました。

父親も不動産オーナー再デビューです。

次回は、いよいよ私のアパート取得の経緯と私が無職になったきっかけをご紹介します。
 

公開日:2017年9月18日

シェア
ツイート
LINEで送る

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

向日葵の記事

セミリタイアの記事

セミリタイアの新着記事

すべての記事

新着!大家さんのお悩み相談

あなたにおすすめの収益物件

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

[特集]
不動産賃貸経営体験談を大家さんに語ってもらいました
ハワイでセミリタイア 別荘を手に入れる方法
経営者・成功者が語る ~経営者取材対談~
大家さんが注意すべき設備故障の対処法について設備メーカーが解説!

認知症対策として注目されている『家族信託』の仕組みとは?

エアコンの水漏れは故障?水漏れを防ぐための大家さんができる事前対策について!-ダイキン工業株式会社-

コラム特集

   [PR] ベテラン大家が選ぶ、賃貸管理会社とは?

PAGE TOP