仲介会社から詳しく話を聞くための必殺技|daitoku

×
←不動産賃貸経営博士
>
>
>
【第7話】この物件買ってもいい!?物件購入前の仲介業者へのヒアリングで何を聞けば安定経営出来る物件を手に入れる事が出来るのか?

【第7話】この物件買ってもいい!?物件購入前の仲介業者へのヒアリングで何を聞けば安定経営出来る物件を手に入れる事が出来るのか?

シェア
ツイート
LINEで送る

大家 daitoku

大手不動産会社で賃貸管理部署に13年在籍。 担当戸数は1200戸で入居率は97%を維持しています。 また自身でも頭金なし、保証人なし、コネなしからアパート6棟戸建1戸 区分1戸を所有しています。 不動産投資(賃貸経営)に関する様々なノウハウや不動産業界(主に賃貸関連)の裏話などをぶっちゃけていこうと思いますので宜しくお願い致します。

仲介会社から詳しく話を聞くための必殺技

ヒアリングをするのにそこそこ時間がかかります。



あれもこれも聞きたいってなりますからね。



そこで担当者に嫌がられずにヒアリングが出来る為に

必殺の言葉が必要になります。



それは「御社に管理を任せようと考えている」です。



もちろん物件を購入すればどこかの会社に管理を任せる事が多いので

その会社も検討の一つに入るかもしれませんのでまんざらウソでもありません。



なので管理費やどんな管理をしているかなどもついでにヒアリング

しておきましょう。



管理を任せてもらえるとなると将来の大家さん候補ですから

丁寧に対応してくれるでしょう。



そして最後に、御社に管理をお任せさせて頂いたとして

満室に出来る自信はありますか?と聞いてみて下さい。



本当に難しい物件ならば、即答ではい!とは出ません(笑)

訪問する時間がない時は?

ヒアリングは必須の行動だと思いますが、

必ずしも現地で業者を訪問して出来るわけでもありません。



その時は電話でも大丈夫です。



面倒に思う業者は担当者が不在とかで取り合ってくれませんが

その時は別の業者に連絡すればいいだけの話です。



私も時間がない時は(最近多いですが)電話でヒアリングを

済ますケースが多いですね。



それでも特に問題はありませんが、出来れば顔を合わせた方が

裏話(実は豪雨には水に浸かるとか変な入居者が居るとか、オーナーさんがどんな人とか

過去どんな募集をしていたとか)を聞けるケースもありますので可能ならば

訪問した方がヒアリング効果は上がると思います。

次ページ

公開日:2017年11月7日

シェア
ツイート
LINEで送る

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

daitokuの記事

購入の記事

購入の新着記事

すべての記事

新着記事

新着!大家さんのお悩み相談

あなたにおすすめの収益物件

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

特集一覧

[特集]
不動産賃貸経営体験談を大家さんに語ってもらいました
ハワイでセミリタイア 別荘を手に入れる方法
経営者・成功者が語る ~経営者取材対談~
大家さんが注意すべき設備故障の対処法について設備メーカーが解説!

認知症対策として注目されている『家族信託』の仕組みとは?

サラリーマン大家さんの確定申告!アパート経営者なら知っておくべき白色申告と青色申告の違いって?

コラム特集

   [PR] ベテラン大家が選ぶ、賃貸管理会社とは?

PAGE TOP