実際に物件を持ち込んでみると?|G.Sakamoto

×
←不動産賃貸経営博士
>
>
>
【第15話】融資について、昨年の失敗を踏まえてー金融機関の考え方とは?金融機関に信頼される大家になる為に必要なことー

【第15話】融資について、昨年の失敗を踏まえてー金融機関の考え方とは?金融機関に信頼される大家になる為に必要なことー

シェア
ツイート
LINEで送る

大家 G.Sakamoto

東京多摩在住のサラリーマン大家です。 本格的に大家業を開始して丸1年経った所なので経験は浅いですが、これから賃貸経営を考えている方々の1歩を踏み出せる情報を発信していきたいです。 主に今まで私自身が色々な先輩大家さんと出会って学んだ事、仲間に手伝ってもらい助けてもらった事、自分の考え方の変化などを書いていきます。

実際に物件を持ち込んでみると?

まずは信頼される為にどうすれば良いかと考え、以前区分マンションを検討していた際に訪問した地元の金融機関の中で感触が良かったTT銀行と3月にオープンしたT信金の普通預金に毎月少額ですが積み立てていきました。

6月には埼玉の北本市の物件を契約して公庫の融資も承認が下りたタイミングだったのですが
物件検索をしていると東京都清瀬市に駅から30分位掛かる場所で旗竿地だったのですが
130㎡位で1000万円の築35年位の建物が建っている古家付き売地が出てきました!

土地の間口は2.3m位で軽自動車なら駐車可能、建物自体は残置物、雨漏りもあり大幅なリフォームをしてみないと無理かなと思ったのですが
相場よりかなり安かったのに再建築可能物件だったのでこれはと思い、TT銀行、T信金に持ち込んでみると…?
TT銀行「新築であればご融資の検討できます」
T信金「新築、中古共にご融資の検討できます」という事でT信金で審査をしていただく事になりました。

現地確認等もすぐに行って頂き、担当者ベースで前向きに検討できますとの事だったのですが

結果は旗竿地だったので
新築だと思った以上に解体費用、建築費用が掛かってしまうという事
中古だと融資が10年だったのでキャッシュフローが出せないという事
で今考えると勿体ないですが早い段階で自ら諦めてしまいました。

T信金に相談をした時、融資担当から「アパートでは検討しないのですか?」と言われたのと
後から伺ったのですがT信金の土地評価額は1300万あったとの報告を受けたので
今であれば新築の戸建、アパート共にプランを入れて見てダメなら最悪戸建を活用する方向で中古でも収益があげられる15年位でお願いできませんか?
と色んな角度から融資の相談をすれば良かったのかなと思います。

次回は去年(2017年)に検討した相模原市(旧相模湖町)の築浅アパートでの金融機関、不動産会社とのやり取りと実際に購入した相模原市(旧津久井町)の築古戸建の金融機関とのやり取りを書いて行きたいと思います。

今回も最後までお読みいただきましてありがとうございました。

公開日:2018年3月1日

シェア
ツイート
LINEで送る

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

G.Sakamotoの記事

購入の記事

すべての記事

新着!大家さんのお悩み相談

あなたにおすすめの収益物件

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

特集一覧

[特集]
不動産賃貸経営体験談を大家さんに語ってもらいました
ハワイでセミリタイア 別荘を手に入れる方法
経営者・成功者が語る ~経営者取材対談~
大家さんが注意すべき設備故障の対処法について設備メーカーが解説!

認知症対策として注目されている『家族信託』の仕組みとは?

エアコンの水漏れは故障?水漏れを防ぐための大家さんができる事前対策について!-ダイキン工業株式会社-

コラム特集

   [PR] ベテラン大家が選ぶ、賃貸管理会社とは?

PAGE TOP