アメリカETFの長期投資家のゆったり犬が考える無くなると思う業界|ゆったり犬

×
←不動産賃貸経営博士
>
>
>
アメリカETFの長期投資家のゆったり犬が考える無くなると思う業界

アメリカETFの長期投資家のゆったり犬が考える無くなると思う業界

いいね・コインとは?
気になった数
シェア
ツイート
LINEで送る

投資家 ゆったり犬

都会(株式市場)で稼いで、田舎(住居費・物価が安い)で生活をすることを目標にやっています。都会(株式市場)で稼いで、田舎(住居費・物価が安い)で生活をすることを目標にやっています。 アメリカETFを専門に、資産形成を進めています。 人間は、必ずミスをする、しかも必ず忘れた時にミスを繰り返すが投資の考え方です。心理学を勉強していた影響かも。

プライベートが忙しくなり、執筆が出来なくなっております。
出来る限り、コラムを執筆したいと思いますので、しばらくご了承ください。

無くなると思われる業界

長期投資家をやっていると将来のことを考えないといけない。
短期投資家と違い、長期で物事を考えます。
一ヵ月後や一年後ではなく、十年後や二十年後を見据えて投資を行います。

そのため、どの産業が伸びて、どの産業が衰退するかも考えるわけです。
こう書いておりますが、私はアメリカETFの長期投資家です。
個別銘柄ではなく、全体を見据えて投資を行います。

どの企業が危ないという言い方はしません。
だってわからないから。
出来なくもないですが、全体を見て投資をするタイプなので、そういうスタンスで投資を行っております。

これも折角ですから、「アメリカETFの長期投資家のゆったり犬が考える無くなると思う業界」を企画したいのですが、皆様の反響次第でしょうかね。
期待した、執筆したいと思います。

第一回目の「アメリカETFの長期投資家のゆったり犬が考える無くなると思う業界」は
書店業界
私が執筆するまでのないでしょうかね。

なぜ書店業界が衰退するのか

私が執筆するまでもないでしょうが、すでに衰退している業界です。
とやかく言うまでもないでしょうが、数は間違いなく減っております、書店。
活字離れなど言われておりますが、結局は購入する人が減っているだけでの話。

趣味の多様性が増し、本を読むだけの人が減っただけの話。
ネットもある、娯楽施設もたくさん。
そりゃ、本屋さんに行かなくなるよね。

それだけではなく、やはりネット書店が大きでしょうかね、影響は。
ネットで注文すれば、自宅の届くわけですから、別に書店に行く必要がない。
商品がそこにしかないならば、書店に行くでしょうが、別にネットでも同じものが手に入る。

しかも値段が一緒ならば、ネットで購入する人が増えるの当然の話。
厳しい言い方をすれば、書店の努力が足りないだけ。
価格で差別化できないならば、商品で差別化すればいいのですが、どこの書店に行っても並んでいるのは同じ商品。

まるで金太郎飴のような書店ばかり。
お客がネット書店に流れるのも当然でしょう。
さらに面白い流れに。

更新日:2018年9月21日 (公開日:2018年3月5日)

いいね・コインとは?
気になった数
シェア
ツイート
LINEで送る

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

ゆったり犬の記事

金融 保険の記事

すべての記事

新着!大家さんのお悩み相談

あなたにおすすめの収益物件

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

[特集]
ハワイでセミリタイア 別荘を手に入れる方法
経営者・成功者が語る ~経営者取材対談~

コラム特集

   [PR] ベテラン大家が選ぶ、賃貸管理会社とは?

×

PAGE TOP