不備だらけ&一方的な契約書|NPO法人MOTT理事 高橋弘毅

×
←不動産賃貸経営博士
>
>
>
入退去のシーズンです!賃貸契約にもご注意を!!

入退去のシーズンです!賃貸契約にもご注意を!!

シェア
ツイート
LINEで送る

コンサルタント NPO法人MOTT理事 高橋弘毅

初めまして。NPO法人無料相談室MOTT(モット)の高橋弘毅(タカハシ コウキ)と申します。 現在はNPO法人MOTTの理事として、不動産やマンションのトラブル・賃貸経営・売買・賃貸問題の相談窓口として解決にあたりながら、相談員の育成を兼ねた人材育成研修の顧問や郷土の東北地域の復興支援活動などにも力を入れています。

不備だらけ&一方的な契約書

契約書を見ると、そのサブリース会社が見様見真似で作ったような契約書で、ところどころ甲乙が間違えていたり、手書きで追加した条項が数か所・・・

解約や違約金等に関してはサブリース会社が一方的に優位な内容。

契約自体は自由ですからお互いが納得いっていればどんな契約でも成立してしまいます。



勿論、不動産業者が間に入っていないので2者間で話をするしかなく泥沼状態。

しかも、相手は連絡もつかない、郵便物も受け取らない。
 
交渉は続けていますが、未だ決着がどうなるか見えてきません。
 
今回のケースはオーナー側も賃貸契約の際、仲介業者を間に入れていれば、法人契約に対して会社の謄本や印鑑証明、パンフレットや代表者の保証など法人と代表者に対して資料や証明書を提出してもらえば、連絡等については防げたケースかもしれません。
 
また、会社のホームページやパンフレットなどでシェアハウスの会社かどうか判断がついたりもします。

自主管理の方はある程度賃貸契約について勉強して、自分がしっかり理解している内容で自分側で賃貸契約書のひな型を準備して入居者さんと直接契約するなど気を付けなければなりません。
 

一般的な賃貸契約書でかまわないのですが、2者間での直接契約ですと誰も間に入れませんのでご注意下さい。
 


~相談できる場所があります!一人で悩まず、先送りせずに声にだして下さい~
特定非営利活動法人 無料相談室MOTT
理事 高橋弘毅
東京都文京区音羽2-11-18
TEL03-6912-0009 FAX03-6912-1109
HP  https://www.npo-mott.com/ MAIL info@npo-mott.com
 

公開日:2018年4月3日

シェア
ツイート
LINEで送る

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

NPO法人MOTT理事 高橋弘毅の記事

賃貸管理の記事

すべての記事

新着!大家さんのお悩み相談

あなたにおすすめの収益物件

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

特集一覧

[特集]
不動産賃貸経営体験談を大家さんに語ってもらいました
ハワイでセミリタイア 別荘を手に入れる方法
経営者・成功者が語る ~経営者取材対談~
大家さんが注意すべき設備故障の対処法について設備メーカーが解説!

認知症対策として注目されている『家族信託』の仕組みとは?

エアコンの水漏れは故障?水漏れを防ぐための大家さんができる事前対策について!-ダイキン工業株式会社-

コラム特集

   [PR] ベテラン大家が選ぶ、賃貸管理会社とは?

PAGE TOP