入退去のシーズンです!賃貸契約にもご注意を!!|NPO法人MOTT理事 高橋弘毅

×
←不動産賃貸経営博士
>
>
>
入退去のシーズンです!賃貸契約にもご注意を!!

入退去のシーズンです!賃貸契約にもご注意を!!

いいね・コインとは?
気になった数
シェア
ツイート
LINEで送る

コンサルタント NPO法人MOTT理事 高橋弘毅

初めまして。NPO法人無料相談室MOTT(モット)の高橋弘毅(タカハシ コウキ)と申します。 現在はNPO法人MOTTの理事として、不動産やマンションのトラブル・賃貸経営・売買・賃貸問題の相談窓口として解決にあたりながら、相談員の育成を兼ねた人材育成研修の顧問や郷土の東北地域の復興支援活動などにも力を入れています。

賃貸契約


仲介業者が入っていれば安全ですが、自主管理の場合や


直接不動産会社とのサブリースや賃貸の契約にはご注意を!

引っ越し難民とネカフェ難民

皆さんこんにちはNPO法人MOTTの高橋です。
 
桜の季節になり、卒業・入学・入社・転勤など引っ越しのシーズンでもあります。
先日のニュースで、引っ越しのピークを迎えるこの時期はどこの引っ越し業者も混んでいて、どこも予約でいっぱい。
引っ越し業者が決まらず業者待ちになっている方達は「引っ越し難民」と呼ばれているそうです。
少し前に家を借りれない人でネットカフェで過ごしている人をネカフェ難民とか就職難民とかいうニュースもありましたが・・・はやるんですかね?〇〇難民って言葉!

確かに1年の中でこの時期は引っ越し業者と不動産の賃貸仲介は一番の稼ぎ時ですからね。
 
さて、ここ数回にかけてサブリースの問題点を書いてきましたが、具体的な相談例からもサブリースの問題を浮き彫りにしたいと思います。
 
Sさんの相談
東京にお住いのSさんは築30年で広さが40㎡ぐらいのマンションを都内にお持ちです。この部屋を現在月13万で法人にサブリース契約で貸しています。
同じ建物の別部屋の家賃から言っても12~13万は平均的ですし、家賃の支払いも遅れることなくきっちり支払いもされておりますのでそこは問題がないのですが・・・。
 
困ったことに・・・
消防の点検がある度に管理しているサブリース会社に連絡がつかないとオーナーに連絡が入ります。
 
オーナーが出向いてみたものの部屋の鍵は変わっており、暗証番号も変更されていてドアを開けられません。
 
契約して1年半特に問題なく過ごしていたのですが、管理人から聞かれてびっくり目を丸くしました。

👀


管理人 「あの10××号室は何人で住んでいるのですか?」
オーナー 「えっ???」
管理人 「あの部屋は入れ替わり立ち代わり人が出入りしている様子なので・・・」
オーナー 「・・・・」
 
サブリース会社に確認すると「転貸で利用してる」とは言っていたが、実は
シェアハウスで利用していまして、なんと10人が住んでいるらしい。
 
その後、オーナーさんも消防法や国交省のシェアハウスの条件などが守られていれば問題ないと思いサブリース会社に連絡すると・・・
「部屋の中を見せることはできない。」との返事。
 
それどころか、連絡した契約書の住所は違うは、電話番号はないわ、聞いていた携帯番号も別人が出るわ・・・
 
こんな連絡もつかない、確認もさせないところとは契約を終了したいと、契約書に書いてある通り3か月前に内容証明郵便にて通知したのですが、一切返事もなく無視され続け直接会うよう求めても忙しいやら、不在やら会うまでに半年も要してしまい。
「自分は全く悪くない」の一点張りであげくのはてには、解約するなら違約金6か月、転居費用、逸失利益を求められ踏んだり蹴ったりの状態です。
 
と相談に来られたのですが・・・
 
 

更新日:2018年8月12日 (公開日:2018年4月3日)

いいね・コインとは?
気になった数
シェア
ツイート
LINEで送る

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

NPO法人MOTT理事 高橋弘毅の記事

賃貸管理の記事

すべての記事

新着記事

新着!大家さんのお悩み相談

あなたにおすすめの収益物件

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

特集一覧

[特集]
ハワイでセミリタイア 別荘を手に入れる方法
起業から30年…成功者が語る『成功の秘訣』

コラム特集

   [PR] ベテラン大家が選ぶ、賃貸管理会社とは?

PAGE TOP