相続放棄のメリットとデメリットとは?判断期限は3ヶ月!借金や財産などの遺産相続放棄の注意点|櫻田 真也

×
←不動産賃貸経営博士
>
>
>
相続放棄のメリットとデメリットとは?判断期限は3ヶ月!借金や財産などの遺産相続放棄の注意点

相続放棄のメリットとデメリットとは?判断期限は3ヶ月!借金や財産などの遺産相続放棄の注意点

いいね・コインとは?
気になった数
シェア
ツイート
LINEで送る

弁護士 櫻田 真也

私は、常々、弁護士という職責を自覚し、誇りと自信を持ちながら、依頼者の皆様にとって最善の方策を実践できるよう、自らの体を張って日々奮闘し、社会に貢献できる弁護士になりたいと考えています。 皆様の中には、もしかしたら、弁護士に対して「敷居が高い」「相談しにくい」といったイメージを持たれる方もいらっしゃるかもしれませんが、少なくとも、私が代表を務めるレアール法律事務所では、どのようなご相談に対しても、誠心誠意かつ親身な対応をさせていただいております。

皆様,こんにちは。弁護士の櫻田です。
今回は,相続放棄のメリットとデメリットに関するコラムです。
相続は突然にやってくるものですが,相続放棄をするにも3ヶ月というタイムリミットがあるので,予備知識がないと相続放棄をすべきかどうか判断に迷ってしまいます。このコラムで相続放棄のメリット・デメリットを確認していただければ幸いです。

相続放棄のメリット

相続放棄には,次のようなメリットがあります。

①被相続人の負債を相続しなくていい!

相続放棄の一番のメリットは,何と言っても,亡くなった方(「被相続人」といいます)の負債(借金など)を相続しなくていいということでしょう。

被相続人に多額の借金があった場合に,これを相続すると,その返済義務まで相続してしまうことになりますが,相続放棄をすることでこれを免れることができるのです。

②被相続人の遺産を分散・散逸させないことができる!

遺産が複数あり,相続人も複数いる場合,そのまま人数割りで相続して遺産分割をしてしまうと,もともと一人の被相続人が所有していた財産が分散・散逸してしまうことになります。

しかし,相続放棄をすれば,相続放棄をした人はそもそも相続人ではない(相続を諦める)ことになり,特定の相続人のみが相続できることになります。

不動産や先祖代々の家宝など,複数人で分け合うことが難しい財産がある場合は,相続放棄を利用することで,その分散・散逸を防ぐことができるのです。

③相続争いなどの煩わしさから解放される!

相続人間で確執があると,相続問題にとどまらず,背景にある人間関係・家族関係も含めて,大きな争いになる可能性があります。大きな争いは大きなストレスを生み,相続人の日常生活にも影響を及ぼしかねません。

相続放棄をすれば,最初から相続人でないことになるので,こうした相続に関する煩わしさから解放されることになります。

公開日:2018年6月28日

いいね・コインとは?
気になった数
シェア
ツイート
LINEで送る

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

櫻田 真也の記事

相続 税金の記事

すべての記事

新着!大家さんのお悩み相談

あなたにおすすめの収益物件

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

特集一覧

[特集]
不動産賃貸経営体験談を大家さんに語ってもらいました
ハワイでセミリタイア 別荘を手に入れる方法
経営者・成功者が語る ~経営者取材対談~

コラム特集

   [PR] ベテラン大家が選ぶ、賃貸管理会社とは?

×

PAGE TOP