相続放棄のデメリット|櫻田 真也

×
←不動産賃貸経営博士
>
>
>
相続放棄のメリットとデメリットとは?判断期限は3ヶ月!借金や財産などの遺産相続放棄の注意点

相続放棄のメリットとデメリットとは?判断期限は3ヶ月!借金や財産などの遺産相続放棄の注意点

シェア
ツイート
LINEで送る

弁護士 櫻田 真也

私は、常々、弁護士という職責を自覚し、誇りと自信を持ちながら、依頼者の皆様にとって最善の方策を実践できるよう、自らの体を張って日々奮闘し、社会に貢献できる弁護士になりたいと考えています。 皆様の中には、もしかしたら、弁護士に対して「敷居が高い」「相談しにくい」といったイメージを持たれる方もいらっしゃるかもしれませんが、少なくとも、私が代表を務めるレアール法律事務所では、どのようなご相談に対しても、誠心誠意かつ親身な対応をさせていただいております。

相続放棄のデメリット

他方,上記のメリットと裏返しになりますが,相続放棄には,次のようなデメリットもあります。

①相続財産を一切相続できない!

相続放棄は,債務(マイナスの財産)を相続しないだけでなく,プラスの財産も含めて,すべての財産を相続する権利を放棄するものです。

ですので,被相続人において,負債>財産の場合には,相続放棄をするメリットがありますが,負債<財産の場合には,相続放棄をすることで,相続により得られた財産も得られないことになってしまいます。

なお,プラスの財産があり,その範囲内で負債も相続してもよいと考えるのであれば,相続放棄ではなく,「限定承認」という方法を選択することも検討すべきかと思います。

②相続放棄の撤回はできない!

相続放棄が受理された後は,原則として,その相続放棄を撤回することはできません。

相続放棄をすると最初から相続人ではないことにする効果があるので,その撤回を認めてしまうと,法律関係が複雑になってしまうからです。

したがって,後から高価な相続財産があることが判明したとしても,それを知らなかったから相続放棄をなかったことにしたいということはできないのです。

ですので,相続放棄をする場合は,事前に被相続人の相続財産の調査をしっかり行う必要があります。

③次の順位の相続人に迷惑がかかる!

相続放棄をすると,最初から相続人でなかったことになりますが,そうすると,次の順位の相続人に相続権が移ることになります。

被相続人を基準にみると,相続の第1順位は子,第2順位は親,第3順位は兄弟姉妹ですので,あなたが被相続人の子や親であれば,相続放棄をすると,次の親や兄弟姉妹に相続権が移ります。

しかし,あなたが相続放棄をするくらいですので,次の親や兄弟姉妹も相続をしたくないのが通常でしょう。次の親や兄弟姉妹には迷惑をかけてしまうことになります。

ですので,事前に,次の親や兄弟姉妹に説明をしておかないと,家族関係が悪化してしまうかもしれません。

 

今回は以上になります。

 

公開日:2018年6月28日

シェア
ツイート
LINEで送る

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

櫻田 真也の記事

相続 税金の記事

すべての記事

新着!大家さんのお悩み相談

あなたにおすすめの収益物件

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

特集一覧

[特集]
不動産賃貸経営体験談を大家さんに語ってもらいました
ハワイでセミリタイア 別荘を手に入れる方法
経営者・成功者が語る ~経営者取材対談~
大家さんが注意すべき設備故障の対処法について設備メーカーが解説!

認知症対策として注目されている『家族信託』の仕組みとは?

サラリーマン大家さんの確定申告!アパート経営者なら知っておくべき白色申告と青色申告の違いって?

コラム特集

   [PR] ベテラン大家が選ぶ、賃貸管理会社とは?

PAGE TOP