入居者とのITコミュニケーション ースマホアプリを利用した入居者コミュニケーションをとることで、入居者の利便性を図ろう!ー|新井 惠

×
←不動産賃貸経営博士
>
>
>
入居者とのITコミュニケーション ースマホアプリを利用した入居者コミュニケーションをとることで、入居者の利便性を図ろう!ー

入居者とのITコミュニケーション ースマホアプリを利用した入居者コミュニケーションをとることで、入居者の利便性を図ろう!ー

いいね・コインとは?
気になった数
シェア
ツイート
LINEで送る

不動産管理 新井 惠

ビルメンテナンス業から賃貸住宅管理にかかわらせていただいています。不動産管理のなかでも違った視点から、賃貸経営について書かせていただきたいと思います。

不動産事業においてITはなかなか受け入れにくいとは思いますが、これからはITを利用した仲介、管理が有力になってくるのではないかと思っています。仲介におけるIT重説が賃貸取引につき2017年の10月に解禁になっているように、ITの波は不動産事業においても押し寄せてきています。ITは、携帯電話などの情報端末を通して賃貸物件を見つけたり、VRなどを利用して内見なども遠隔地でできることから、下調べのために日数を費やすこともなくなってくると思います。今回、賃貸管理の立場から、アプリを使うことで入居者コミュニケーションを考えてみました。なぜなら、ITを使うことで賃貸管理がスムーズにいくと考えたからです。

入居者コミュニケーション

私どもが管理する物件はほとんどが学生用のワンルームマンションが多いので他の不動産会社と考え方が少し違うかもしれませんが、今回、スマホアプリを利用した入居者コミュニケーションをとることで、入居者の利便性を図ろうと考えています。

賃貸管理の仕事は、いかにスムーズに入居者とのコミュケーションをとって不足事態を防ぐことであると思うからです。

斡旋して空室を埋めればそれでいいという考え方ではなく、賃貸管理をしっかり行うことで入居者のため、オーナーさんのため、ゆくゆくはそれが自社の利益のためにと返ってくるのです。

昨今、不動産会社も業務をすべてアウトソーシングをして、仲介だけで経営を考えるという会社もあります。
しかし、地域に根付いた不動産会社においては、管理業務をしっかりすることが骨太の継続した会社となるのです。

入居者と繋がる

入居してしまえば終わりではなく、入居者を教育して賃貸物件に適合した入居者に育てることで入居者管理はうまくいくのではないかと思っています。

そして、入居者管理がしっかりできることが地域の不動産会社としてはオーナーさんなどとの信頼につながるのです。

そこで、スマホアプリを使った入居者コミュニケーションを行うことで、賃貸物件の運営と入居者が一体になれればいいと考えています。

賃貸業は入居者に部屋を提供して終わりではなく、入居者も家賃を払っていればそれで終わりではないからです。

部屋を貸す側と部屋を借りる側は、賃貸物件を通して繋がっていなければならないのです。

繋がることで、家賃の滞納や他の入居者に迷惑のかけるようなことはなくなると思っています。

なぜなら、入居者に目を配れることで不足の事態を未然に防ぐことに繋がるからです。

次ページ

公開日:2018年7月27日

いいね・コインとは?
気になった数
シェア
ツイート
LINEで送る

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

新井 惠の記事

賃貸管理の記事

賃貸管理の新着記事

すべての記事

新着!大家さんのお悩み相談

あなたにおすすめの収益物件

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

特集一覧

[特集]
不動産賃貸経営体験談を大家さんに語ってもらいました
ハワイでセミリタイア 別荘を手に入れる方法
経営者・成功者が語る ~経営者取材対談~

コラム特集

   [PR] ベテラン大家が選ぶ、賃貸管理会社とは?

×

PAGE TOP