約束|新井 惠

×
←不動産賃貸経営博士
>
>
>
入居者とスマホアプリを利用した新しいコミュニケーション方法とは!

入居者とスマホアプリを利用した新しいコミュニケーション方法とは!

シェア
ツイート
LINEで送る

不動産管理 新井 惠

ビルメンテナンス業から賃貸住宅管理にかかわらせていただいています。不動産管理のなかでも違った視点から、賃貸経営について書かせていただきたいと思います。

約束

賃貸管理というのは、入居者の世話をするだけではなく、入居者に常に目をかけていて些細なことでも見逃さないようにすることが大事なことでありそれが仕事なのです。

ゴミなどの不法投棄も、入居者にはルールを守ってもらうように教育することで、この賃貸物件に住んでもらうためには最低限の約束であるということを認知させることです。

それを放っておくと入居者のモラルは守られなくなり、勝手放題の賃貸物件になれば賃貸物件の質が落ちてくるからです。

その代わりというか、オーナーさんは建物管理などを通して、入居者が住みやすい物件にしなければなりません。

オーナーさんにおいては、満室になっているので建物の清掃などに手をかけなくてもいいと思う方がいらっしゃいますが、賃貸物件をきれいに保つということはオーナーさんがやらなければならない入居者に対する約束でもあるのです。

建物の質

建物がきれいでないと、入居者の質が落ちてきます。

公園のトイレなどは誰が使うかわからないので汚いまま放置されていますが、そうなると次に使用する人も汚してもいいものだと思ってしまうのです。

これは、落書きだらけのニューヨークで犯罪が多発したことから、街をきれいにしたことで犯罪数が減った破れ窓の理論と同じです。

目先の収益を考えるだけではなく、賃貸物件の質をどのように高めて維持していくかを考えるのが賃貸経営だと思っています。

そして、入居者をその建物の質にふさわしいように教育して、みんなが賃貸物件を通して、入居者とオーナーがひとつになることが、賃貸経営が継続していくことではないかと思っています。

そしてそれが賃貸管理の仕事であって、賃貸管理は賃貸物件を育てるように力を注がなければならないのです。

公開日:2018年7月27日

シェア
ツイート
LINEで送る

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

新井 惠の記事

賃貸管理の記事

すべての記事

新着!大家さんのお悩み相談

あなたにおすすめの収益物件

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

特集一覧

[特集]
不動産賃貸経営体験談を大家さんに語ってもらいました
ハワイでセミリタイア 別荘を手に入れる方法
経営者・成功者が語る ~経営者取材対談~
大家さんが注意すべき設備故障の対処法について設備メーカーが解説!

認知症対策として注目されている『家族信託』の仕組みとは?

サラリーマン大家さんの確定申告!アパート経営者なら知っておくべき白色申告と青色申告の違いって?

コラム特集

   [PR] ベテラン大家が選ぶ、賃貸管理会社とは?

PAGE TOP