「うまくいった」と思っても、最後に最大の出費がやって来る!|僧俗嫌世(そうぞく・いやよ)

×
←不動産賃貸経営博士
>
>
>
不動産賃貸業「収入ゼロ」のリスク|首都圏近郊農家の「相続」と「不動産賃貸業」①

不動産賃貸業「収入ゼロ」のリスク|首都圏近郊農家の「相続」と「不動産賃貸業」①

シェア
ツイート
LINEで送る

大家 僧俗嫌世(そうぞく・いやよ)

首都圏近郊の農家が、必要に迫られて不動産賃貸を始めたのが約27年前。 現在は、次期相続に備え、法人化して一部の物件を法人所有としました。 「生活できればそれで十分だが、絶対に負けない大家」であり続けたいと 思っています。

「うまくいった」と思っても、最後に最大の出費がやって来る!

 お察しの通り、「ゼイキン」です。

 日本は申告納税制度です。自分の所得は自分で計算して納税することが大原則です。不動産収入がある方は、ぜひ不動産所得の青色決算処理と確定申告をご自分でされることをお勧めします。実際、たいした知識はいらないのです。
(ものすごく多い方は、税理士に依頼するのも一法ですが、まず、法人化を検討しましょう)

 確定申告を自分ですることの意味は、税についての知識を自分で調べる習慣がつくということです。この習慣が、「ルールに従いつつ、1円でも多くおカネを残す」につながります。
 他人を信頼するのも結構ですが、他人任せにしたままでは資産を残すことはできません

 プロの大家業の方にまさかヌカリはないでしょうが、セミプロや副業感覚の方で、「いいか、こんなもんで・・・」という申告をすると後でたいへんなことになります。テキトーに申告したり、一部を不正申告して、それがもし過少申告だったら、驚くべきペナルティーがあります。

 何せ、相手は税務署です。彼らは、日本の財政のために、取れるところからは1円でも多くの税金を取るという国家的使命を帯びているのです。その人たちを黙らせる税務知識がありますか?
 
 また、税法はしばしば変わります。税務署は親切に公告してくれますが、「ちゃんとみていない=損してる」ということなんですよ。

 「コワいですねぇ」
 
 一見、事業が成り立っているようにみえる方でも、ちょっとの緩みが「命とり」。
 
「コワいんですよ、大家業
 
 次回は、大家業商取引としての特殊性を考えてみたいと思います。 次回のご来訪をお待ちしています!
 

公開日:2016年7月25日

シェア
ツイート
LINEで送る

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

僧俗嫌世(そうぞく・いやよ)の記事

相続 税金の記事

相続 税金の人気記事

すべての記事

新着記事

新着!大家さんのお悩み相談

あなたにおすすめの収益物件

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

特集一覧

[特集]
不動産賃貸経営体験談を大家さんに語ってもらいました
ハワイでセミリタイア 別荘を手に入れる方法
経営者・成功者が語る ~経営者取材対談~
大家さんが注意すべき設備故障の対処法について設備メーカーが解説!

認知症対策として注目されている『家族信託』の仕組みとは?

エアコンから出る異臭(臭い)を抑える簡単なやり方とは?大家さんでもできる異臭対策!-ダイキン工業株式会社-

コラム特集

   [PR] ベテラン大家が選ぶ、賃貸管理会社とは?

PAGE TOP