結局いくらかかるのですか?~家賃滞納による建物明渡までにかかるお金の話~|竹村鮎子

×
←賃貸経営博士
賃貸経営博士コラム滞納 退去のコラム > 結局いくらかかるのですか?~家賃滞納による建物明渡までにかかるお金の話~

結局いくらかかるのですか?~家賃滞納による建物明渡までにかかるお金の話~

いいね・コインとは?
気になった数
シェア
ツイート
LINEで送る

弁護士 竹村鮎子

不動産関連業務を中心に、相続、離婚など幅広い案件を取り扱っております。賃貸経営にまつわるトラブルやその対処法について、分かりやすくご説明するように心がけています。

みなさんこんにちは!
弁護士の竹村鮎子です。
今回は、大家さんにとって頭の痛い話、「家賃滞納による建物明渡」を行うときにかかる費用について、モデルケースを用いてご説明します!

モデルケースのご説明

 賃貸経営をしている大家さんであるAさんは、借主の1人であるBさんが、半年間も家賃を払ってくれないので、困り果てています。このため、Aさんはやむを得ず、弁護士に相談に行くことにしました…。
 ちなみに、AさんがBさんに貸している部屋は、家賃5万円のワンルームマンションです。

ステップ1 賃貸借契約の解除 内容証明郵便発送費用

 賃料滞納が長期間にわたっている場合には、「○日までに未払い賃料を全て支払ってください」「期間内に支払がない場合には賃貸借契約を解除しますので、建物を明け渡してください」という趣旨を記載した配達証明付き内容証明郵便を発送することが一般的です。

 この場合、発送費用として、約1200円から2000円程度かかります。
 
内奥証明郵便ではなく普通郵便を利用する場合には、費用は抑えられますが、相手から「そんな郵便は受け取っていないから、解除は無効だ」と言われるリスクがあります。配達証明付き内容証明郵便は、文書の内容と、相手が郵便を受け取った日が明らかになりますので、きちんと解除の意思表示をしたことを、後の裁判で明らかにするためにも、配達証明付き内容証明郵便を利用するべきだといえます。

 定められた期間内に、未払い賃料の支払いがない場合にも、「賃貸借契約を解除します」という趣旨の、配達証明つき内容証明郵便を発送することが一般的です。
 
 したがって、内容証明郵便を2回にわたって出した場合、3000円から4000円程度の費用がかかることになります。

いいね・コインとは?
気になった数
シェア
ツイート
LINEで送る

更新日:2017年12月17日 (公開日:2017年8月24日)

竹村鮎子の記事

滞納 退去の記事

滞納 退去の人気記事

すべての記事

新着記事

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

新着!大家さんのお悩み相談

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

新着!大家さんのお悩み相談

あなたにおすすめの収益物件

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

特集一覧

[特集]
ハワイでセミリタイア 別荘を手に入れる方法
起業から30年…成功者が語る『成功の秘訣』

コラム特集

   [PR] ベテラン大家が選ぶ、賃貸管理会社とは?

PAGE TOP