入居者に心地よいサービスを提供して、住む人のためにやすらぎの居住空間を作る~賃貸経営はハードからソフトなサービスへ~|新井 惠

×
←不動産賃貸経営博士
>
>
>
入居者に心地よいサービスを提供して、住む人のためにやすらぎの居住空間を作る~賃貸経営はハードからソフトなサービスへ~

入居者に心地よいサービスを提供して、住む人のためにやすらぎの居住空間を作る~賃貸経営はハードからソフトなサービスへ~

いいね・コインとは?
気になった数
シェア
ツイート
LINEで送る

不動産管理 新井 惠

ビルメンテナンス業から賃貸住宅管理にかかわらせていただいています。不動産管理のなかでも違った視点から、賃貸経営について書かせていただきたいと思います。

インターネット無料など設備を充実させることなどをハードなサービスとするなら、心の込もったおもてなしをすることで、入居者に寄り添うサービスをソフトなサービスと言います。これからは、ハードなサービスとともにソフトなサービスをすることで、入居者がこの賃貸物件に住んで良かったと思ってもらえるようにすることが、他の賃貸物件と差をつけることであり、それが満室経営の道につながると思います。

これからの賃貸経営

これからの賃貸経営において、入居者にやさしく住みやすいマンションなりアパートを目指すことが一歩先を行く賃貸経営のあり方ではないかと思います。

家具家電付きやインターネット無料など、入居者に対する利便性を考え付加価値をつけることで、他のマンションなりアパートと差をつけることをハードなサービスと言います。

それに対して、入居者におもてなしの心で接して、ここに住んで良かったと思ってもらえるようにすることが、ソフトなサービスとして、これからの賃貸業をするにあたって生き残っていけるものになるのではないかと思います。


部屋を貸すだけではなく、思いやりを持ったおもてなしの心で入居者と接することをコンセプトに、賃貸経営を考えることはサービス業としての基本であります。
サービス業は、ハートツーハートで相手の心に直接訴えかけるようなことを提供するということだからです。

人気のレストランにしても有名ホテルにしても、お客様のことを第一に考えておもてなしの心で接するから人気があるのです。

けっして料理がおいしいだけ、ホテルの調度品が豪華なだけだからではないのです。
 

心を込めてハートをつかむ

家具家電付きなどのハードなサービスは、誰もが真似をしようと思えばできるのですが、相手の心をつかむようなソフトなサービスは簡単にはできないのです。

相手の立場になって考えることで、相手に喜んでもらえるように、優しさとか思いやりを持つことで、心を込めて入居者のために努力することは相手のハートを掴むことができるのです。

それによって、属性としての上客に入居してもらうことができ、満室経営を維持することになるのです。

これからの賃貸経営は、入居者の利便性を考えて、入居者がここに住んで良かったと思ってもらえるように努力することが、勝ち残っていくのではないかと思います。

そしてそのことが、賃貸物件の品であり質につながってくるのです。

公開日:2017年9月19日

いいね・コインとは?
気になった数
シェア
ツイート
LINEで送る

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

新井 惠の記事

賃貸管理の記事

賃貸管理の新着記事

すべての記事

新着!大家さんのお悩み相談

あなたにおすすめの収益物件

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

特集一覧

[特集]
不動産賃貸経営体験談を大家さんに語ってもらいました
ハワイでセミリタイア 別荘を手に入れる方法
経営者・成功者が語る ~経営者取材対談~

コラム特集

   [PR] ベテラン大家が選ぶ、賃貸管理会社とは?

×

PAGE TOP