ファイナンシャルプランナーが教える!金融資産と実物資産のメリット・デメリットを知った上での相続対策|ファイナンシャルプランナー・石田 貴雄

×
←賃貸経営博士
賃貸経営博士コラム金融 保険のコラム > ファイナンシャルプランナーが教える!金融資産と実物資産のメリット・デメリットを知った上での相続対策

ファイナンシャルプランナーが教える!金融資産と実物資産のメリット・デメリットを知った上での相続対策

いいね・コインとは?
気になった数
シェア
ツイート
LINEで送る

コンサルタント ファイナンシャルプランナー・石田 貴雄

ファイナンシャルプランナーとは、「金融」「リスクと保険」「不動産」「税金」「相続・事業承継」「ライフプランニング」と幅広い金融知識を活用しながら、資産管理や運用のアドバイスを行うアドバイザーです。専門分野とお客様を適切に結ぶコーディネーターとして活動をしています。

相続に関する相談をよくお受けしますので、皆さんに知っておいていただきたいことをここで共有していきます。

資産形成って・・・

「資産形成に興味があるんです」という方に対して、最近お伝えしていることがあります。
それは、

「資産には実物資産と金融資産がある」
ということです。
実物資産には、土地や建物、金やプラチナなどの貴金属があります。
最近では、コインやワインなども実物資産として扱っている方も増えていると言われています。
金融資産は株式や債券などが挙げられます。

メリットとデメリット

これらを組み合わせる資産形成がよいと、一般的に言われています。

理由は、それぞれにメリットとデメリットがあるからです。

以下にまとめてみます。

実物資産は市場の効率性が低く、取引コストが高い資産です。

物件を調査して選択し、長期運用することによって、割安な投資対象を見出すことができるかもしれません。

しかし、金融資産に比べて投資金額が大きくなります。

金融資産が1000万円を超えてから、資産の中に実物資産を組み入れるのがよいと言われています。

それでは、どのように組み入れるのか?

では、実物資産の特に不動産投資のメリットとデメリットは具体的にどのようなものなのか。

これを知らなければ、資産に実物資産を組み入れるのは怖いと感じられるかもしれません。

既に実物資産を持っていらっしゃる方は、さらなる投資を行う際にどのような基準を持つべきかを再確認していただきたいです。

次回のコラムでご紹介していきましょう。

いいね・コインとは?
気になった数
シェア
ツイート
LINEで送る

更新日:2017年12月14日 (公開日:2017年10月7日)

ファイナンシャルプランナー・石田 貴雄の記事

金融 保険の記事

金融 保険の新着記事

すべての記事

新着記事

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

新着!大家さんのお悩み相談

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

新着!大家さんのお悩み相談

あなたにおすすめの収益物件

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

[特集]
ハワイでセミリタイア 別荘を手に入れる方法
起業から30年…成功者が語る『成功の秘訣』

コラム特集

   [PR] ベテラン大家が選ぶ、賃貸管理会社とは?

PAGE TOP