ファイナンシャルプランナーが教える!~NISAとiDeCoの比較~|ファイナンシャルプランナー・石田 貴雄

×
←不動産賃貸経営博士
>
>
>
ファイナンシャルプランナーが教える!~NISAとiDeCoの比較~

ファイナンシャルプランナーが教える!~NISAとiDeCoの比較~

いいね・コインとは?
気になった数
シェア
ツイート
LINEで送る

コンサルタント ファイナンシャルプランナー・石田 貴雄

ファイナンシャルプランナーとは、「金融」「リスクと保険」「不動産」「税金」「相続・事業承継」「ライフプランニング」と幅広い金融知識を活用しながら、資産管理や運用のアドバイスを行うアドバイザーです。専門分野とお客様を適切に結ぶコーディネーターとして活動をしています。

老後の資産形成の選択肢が増えるのはいいのですが、悩みます・・・。

前回に引き続き、NISAとiDeCoの比較をしましょう

前回に引き続き、NISAとiDeCoの比較をしてみましょう。

 

iDeCoは確定拠出年金という名前の通り、あくまでも個人年金の一種です。

そのため、投資をして得た利益が非課税になりますが、NISAとは大きく異なる点があります。

 

最も大きいのは、iDeCoの加入資格は60歳未満の人に限られているという点です。

60歳を既に超えられている人はもちろん、50代後半の方々には投資の選択肢から外さざるを得ません。

さらに、iDeCoは年金制度であるため、原則60歳になるまで払い出しができません。

NISAのように好きなタイミングで現金化できないことは、使い勝手に影響が出てきます。

ただし、60歳まで払い出しができないかわりに、iDeCoにはNISAのような非課税期間の上限がありません。

投資した金額がどれだけの利益を生んだとしても、全てが非課税になります。

 

さらに、iDeCoには、NISAにはない年金制度としての税制優遇もあります。

払い込んだ掛け金は、全額が所得控除になります。

これを、年金として受け取る時には、公的年金等控除として一定額を所得から控除でき、一時金として受け取っても退職所得控除を受けることができます。

 

NISAと比べて多くの税制メリットがあるiDeCoですが、投資できる額という点では物足りなさを感じる方も多くいらっしゃると思います。

自営業者の方々であれば、年間816千円と、NISAと比べても遜色はないのですが、給与を得ている経営者だと多くても年間276千円となってしまいます。

公開日:2017年11月27日

いいね・コインとは?
気になった数
シェア
ツイート
LINEで送る

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

ファイナンシャルプランナー・石田 貴雄の記事

金融 保険の記事

すべての記事

新着!大家さんのお悩み相談

あなたにおすすめの収益物件

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

[特集]
不動産賃貸経営体験談を大家さんに語ってもらいました
ハワイでセミリタイア 別荘を手に入れる方法
経営者・成功者が語る ~経営者取材対談~

コラム特集

   [PR] ベテラン大家が選ぶ、賃貸管理会社とは?

×

PAGE TOP