「戸建賃貸の投資術⑥」競売入札は怖くない!|株式会社ワンマンバンド 坂田憲一

×
←賃貸経営博士
賃貸経営博士コラム購入のコラム > 「戸建賃貸の投資術⑥」競売入札は怖くない!

「戸建賃貸の投資術⑥」競売入札は怖くない!

いいね・コインとは?
気になった数
シェア
ツイート
LINEで送る

大家 株式会社ワンマンバンド 坂田憲一

ワンマンバンドは「いちサラリーマン大家の片手間の副業」から徐々に段階を経て発展してきました。僭越ですが、その中で得た経験やノウハウなどを書いていこうと思います。これから大家さんを目指す人、大家さんとしてどんどん物件を取得中の人、その中で一攫千金ではなく、着実に(長期で大きく)財産を築いていきたい方々の少しでもお役に立てればと思っています。

物件は安く買いたい。でも「競売」で買うのはやっぱりちょっと不安。
「競売」、食わず嫌いしていませんか?

競売には大家さんを助けてくれる「仲介業者」はいません。全部自分でやらなければならない。ある程度特別なノウハウもいるし、メリットもあるけど、デメリットもたくさんあります。

でも、物件取得においては有力な選択肢。「競売って怖い!」イメージだけで避けて通るのはもったいないですよ。

「戸建賃貸の投資術⑥」競売入札は怖くない!


不動産投資で一番大事なものは何でしょうか?

利回り?物件へのアクセス?綿密な投資計画?融資付け?賃貸付け?
 全部違います。大切なことはたくさんありますが、一番大切なことは一つだけ。
 
「いかに物件を(相場より)安く買うか」です。
 

相場より圧倒的に物件を安く購入することができればそれだけで成功は確実。なぜならいつでもいらなくなれば、相場(近く)で売却することができ、キャピタルゲインを得ることができるから。もちろん物件価格と賃貸価格の相場は概ねリンクしていますから、購入価格が安ければ安いほど利回りも高くなるのは必然ですね。
 
 
だから大家たるもの、一度も「競売への入札」を考えたことのない人はいないのではないでしょうか。「競売」は、「市場価格より安く物件を購入できる」可能性があるのです。
 
でも実際に競売に参加したことのある人はどのくらいいるでしょうか。
 
 
ワンマンバンドでは、北海道から九州まで、年間で600~700件程度競売に入札し、100件弱の物件を取得しています。
 
「競売もシロウトが参加するようになって、すっかり儲からなくなっちゃってさー」うだつ
の上がらない街の不動産屋のおやじからしょっちゅう聞くセリフです。確かに個人の入札はたくさんあります。でも、実際落札しているのは、7割方法人で、そのうちかなりの割合で落札者はワンマンバンドのように、競売を主戦場にしている専門業者なのです。
 
勿論そういう状況になっているのはたくさんの理由があるのですが、大きな理由の一つは、
 「競売って怖い」と、多くの大家さんが思っているからなのではないでしょうか。

 


「競売参加者って怖い人ばかりなんでしょ?」
「ヤクザが占有してたりするのでは?」
「中で人が死んでたり?」
「すごい高い金額で落札しちゃったらどうしよう」
「裁判所の職員って怖そう」
 

などなど。どれも根も葉も(あんまり)ないことばかりです。
これから数回にわたり、そんな「競売って怖い!」と思うポイントをひとつづつ、解説してみようと思います。
 
競売なんて怖くありません。メリットもデメリットももちろんあるけれど、食わず嫌いはもったいない!
 

いいね・コインとは?
気になった数
シェア
ツイート
LINEで送る

更新日:2017年11月22日 (公開日:2017年10月15日)

株式会社ワンマンバンド 坂田憲一の記事

購入の記事

すべての記事

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

新着!大家さんのお悩み相談

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

新着!大家さんのお悩み相談

あなたにおすすめの収益物件

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

特集一覧

[特集]
ハワイでセミリタイア 別荘を手に入れる方法
起業から30年…成功者が語る『成功の秘訣』

コラム特集

   [PR] ベテラン大家が選ぶ、賃貸管理会社とは?

PAGE TOP