賃貸契約書じゃなかったら何の契約???|NPO法人MOTT理事 高橋弘毅

×
←不動産賃貸経営博士
>
>
>
年間300件を超える!NPO法人MOTTの相談事例!不動産の闇

年間300件を超える!NPO法人MOTTの相談事例!不動産の闇

シェア
ツイート
LINEで送る

コンサルタント NPO法人MOTT理事 高橋弘毅

初めまして。NPO法人無料相談室MOTT(モット)の高橋弘毅(タカハシ コウキ)と申します。 現在はNPO法人MOTTの理事として、不動産やマンションのトラブル・賃貸経営・売買・賃貸問題の相談窓口として解決にあたりながら、相談員の育成を兼ねた人材育成研修の顧問や郷土の東北地域の復興支援活動などにも力を入れています。

賃貸契約書じゃなかったら何の契約???


ハイその通り!

何の契約書なのか?以下のどれだと思いますか?

A:転貸借契約書 B:家賃保証契約書 C:サブリース契約書 D:借上げ賃貸契約書
実はこれら全て過去の相談者の方達が賃貸契約書又は賃貸契約書の代わりになるものと説明されて契約した書類の名称です。

会社によって呼び名が違うのでややこしいのですが概ねA~Dの中身はほとんど一緒です。
 
賃貸契約書というのは昔から賃貸人と賃借人という関係です。それを大家と入居者というイメージを想像してしまうのですが、賃借人=入居者ではないという認識ももたなければいけません。
 
だから「誰と契約したのか」という基本的な事を認識しておかないとならないのです。
 

そして、ここからサブリースの問題に入ります。

前述のA~Dは全ていわゆるサブリース契約になるわけです。

前述の①または②に該当する大家(オーナー)さんが入居者(個人又は法人の従業員が住む寮)と契約したものでなければ、ほとんどの契約がサブリース(A~D等含む)契約であると思ってよいでしょう。

このサブリース契約こそ物件の

販売時には仏の顔購入以後は鬼の顔

危険な契約になるのです。

















 

公開日:2018年1月26日

シェア
ツイート
LINEで送る

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

NPO法人MOTT理事 高橋弘毅の記事

購入の記事

すべての記事

新着!大家さんのお悩み相談

あなたにおすすめの収益物件

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

特集一覧

[特集]
不動産賃貸経営体験談を大家さんに語ってもらいました
ハワイでセミリタイア 別荘を手に入れる方法
経営者・成功者が語る ~経営者取材対談~
大家さんが注意すべき設備故障の対処法について設備メーカーが解説!

認知症対策として注目されている『家族信託』の仕組みとは?

エアコンの水漏れは故障?水漏れを防ぐための大家さんができる事前対策について!-ダイキン工業株式会社-

コラム特集

   [PR] ベテラン大家が選ぶ、賃貸管理会社とは?

PAGE TOP