サブリースはどこも同じ|NPO法人MOTT理事 高橋弘毅

×
←不動産賃貸経営博士
>
>
>
年間300件を超える!NPO法人MOTTの相談事例!不動産の闇第2弾!

年間300件を超える!NPO法人MOTTの相談事例!不動産の闇第2弾!

シェア
ツイート
LINEで送る

コンサルタント NPO法人MOTT理事 高橋弘毅

初めまして。NPO法人無料相談室MOTT(モット)の高橋弘毅(タカハシ コウキ)と申します。 現在はNPO法人MOTTの理事として、不動産やマンションのトラブル・賃貸経営・売買・賃貸問題の相談窓口として解決にあたりながら、相談員の育成を兼ねた人材育成研修の顧問や郷土の東北地域の復興支援活動などにも力を入れています。

サブリースはどこも同じ


今回のケースのようにいきなり0円になるものもありますが、サブリース契約のほとんどは
契約更新の度に数千円ずつ家賃を下げられていくものがほとんどです。

しかも、新築~15年(20年)ぐらいまでの比較的物件の新しい時期にサブリース契約を締結し、利鞘を得て築15年以上経ち物件が古くなり入居率が悪くなると契約を解除するなんてことも多く相談が寄せられています。
 
※インターネット上で運営会社であるSM社の事件の「相談」又は「被害者の会」等を宣伝し新たな物件購入や売却を迫る2次被害にあわないよう注意する呼びかけも出ていますのでご注意ください。
 
ワンルームでもアパートでも数千万円からするものばかり、その物件を素人に家賃を保証すると言って売りつけ、数年たったら「保証できません」ってあまりにもひどい話。しかも購入価格は通常の物件評価額を数百万は上回る値段なので、ローン残額が大きすぎて売るにも売れない状況になってしまいます。

別に万人の事を考えろとは言いませんが、自社の利益しか考えない不動産業者と同じ考えの銀行という金融業者が結託し、素人を借金漬けの型にはめるような非情な行いに憤りを感じえません・・・、というか、ストレートにいってしまえば腹が立ってしょうがありません。
 
しかも、今回のケースで言うと不動産会社は社長が交代し、敗戦処理のような代表を立て当時の代表者は表にも出てこない。

銀行は過剰評価、過剰融資も高金利で数年~10年の金利を取り、破産されても債権をサービサー等に譲渡して9割方は回収してしまう。

その間にも融資を条件に定期を組ませたり、フリーローンを申し込ませたりとやりたい放題!
とんでもない話です!!
 
もし、これをお読みの方で当事者になる方がいない事を望みますが、本件当事者又はサブリースで同様の状況に置かれている方は一刻も早く最寄りの不動産会社や弁護士等ご相談されることを期待します。
 
 
~相談できる場所があります!一人で悩まず、先送りせずに声にだして下さい~
特定非営利活動法人 無料相談室MOTT
理事 高橋弘毅
東京都文京区音羽2-11-18
TEL03-6912-0009 FAX03-6912-1109
HP  https://www.npo-mott.com/ MAIL info@npo-mott.com
 
 
 

公開日:2018年2月19日

シェア
ツイート
LINEで送る

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

NPO法人MOTT理事 高橋弘毅の記事

賃貸管理の記事

賃貸管理の新着記事

すべての記事

新着記事

新着!大家さんのお悩み相談

あなたにおすすめの収益物件

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

特集一覧

[特集]
不動産賃貸経営体験談を大家さんに語ってもらいました
ハワイでセミリタイア 別荘を手に入れる方法
経営者・成功者が語る ~経営者取材対談~
大家さんが注意すべき設備故障の対処法について設備メーカーが解説!

認知症対策として注目されている『家族信託』の仕組みとは?

エアコンから出る異臭(臭い)を抑える簡単なやり方とは?大家さんでもできる異臭対策!-ダイキン工業株式会社-

コラム特集

   [PR] ベテラン大家が選ぶ、賃貸管理会社とは?

PAGE TOP