年間300件を超える!NPO法人MOTTの相談事例!サブリース問題の続き|NPO法人MOTT理事 高橋弘毅

×
←不動産賃貸経営博士
>
>
>
年間300件を超える!NPO法人MOTTの相談事例!サブリース問題の続き

年間300件を超える!NPO法人MOTTの相談事例!サブリース問題の続き

いいね・コインとは?
気になった数
シェア
ツイート
LINEで送る

コンサルタント NPO法人MOTT理事 高橋弘毅

初めまして。NPO法人無料相談室MOTT(モット)の高橋弘毅(タカハシ コウキ)と申します。 現在はNPO法人MOTTの理事として、不動産やマンションのトラブル・賃貸経営・売買・賃貸問題の相談窓口として解決にあたりながら、相談員の育成を兼ねた人材育成研修の顧問や郷土の東北地域の復興支援活動などにも力を入れています。

前回、前々回のサブリース問題の続き。


サブリースにはこんな問題もついてきます。

サブリーの諸問題

皆さんこんにちはNPO法人MOTTの高橋です。2月から相談件数も多く忙しい毎日を送っておりますが、外は小春日和の晴天が続き春を感じます。
 
前回、前々回とサブリースの問題を書いてきましたが、これ以外にもサブリースって問題があるんです。
その部分をちょっと解説します。
 
サブリースの弊害ともいえるかもしれません。
 
入居者の有無や賃料、利用状況などが全く分からない事。
サブリースで転貸借されていると家賃収入はサブリース会社から入るので、実際に入居者がいるのかどうか?賃料はいくらなのかがわからなくなってしまいます。サブリース会社に内容を確認しようと問い合わせても会社によっては教えてくれません。



契約解除時の違約金と解約期間の縛り
サブリースの契約内容は大体何処も似たようなものになっているのですが、解約をオーナー側から伝える際注意して頂きたいのが違約金の有無と事前告知期間です。

特にNPO法人MOTTにご相談者で多いのがせっかく希望価格での売却できる話があっても、サブリースを解約する為の違約金が30~50万かかる為流れたケースや告知期間が3か月又は6か月と契約書に明記されている為にタイミングが合わなくてダメになってしまうケースもありますのでご注意してください。


中にはサブリースは解除できないと言われるケースも!
売却の為サブリースを解除する事を伝えたオーナーさんに「サブリースは解除できないのでサブリースのまま継続して頂ける人に買ってもらって下さい。」と言い放つ業者もおりました。
業者側は借地借家法を盾に賃貸人だからという事で主張しているようですが、何度も言うようにオーナーが個人で賃借人が業者という構図で現代にはマッチしていない法律なのかもしれません。
弊害として、サブリースだと売却査定が低下する傾向にありますのでご注意下さい。



安心・安全・安定を守ってくれるサブリースですが・・・


安定して家賃が確保できる前提で契約するサブリースですが、今まで書いてきたように
いつ破綻してしまうか、更新されなくなってしまうか危険もありますし、上記のようなことを知った上で、ご理解、ご納得した上で締結してください。

 
~相談できる場所があります!一人で悩まず、先送りせずに声にだして下さい~
特定非営利活動法人 無料相談室MOTT
理事 高橋弘毅
東京都文京区音羽2-11-18
TEL03-6912-0009 FAX03-6912-1109
HP  https://www.npo-mott.com/ MAIL info@npo-mott.com
 

更新日:2018年8月20日 (公開日:2018年3月16日)

いいね・コインとは?
気になった数
シェア
ツイート
LINEで送る

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

NPO法人MOTT理事 高橋弘毅の記事

賃貸管理の記事

すべての記事

新着記事

新着!大家さんのお悩み相談

あなたにおすすめの収益物件

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

特集一覧

[特集]
ハワイでセミリタイア 別荘を手に入れる方法
起業から30年…成功者が語る『成功の秘訣』

コラム特集

   [PR] ベテラン大家が選ぶ、賃貸管理会社とは?

PAGE TOP