空室が埋まらないのは…賃貸需要がない?不動産管理会社の問題?設備導入しても決まらず…(地域・栃木県)-不動産賃貸経営博士-

×
←不動産賃貸経営博士
不動産賃貸経営博士 > 空室対策 > 空室対策 空室 > 【web版】勝ち組大家さん > 空室が埋まらないのは…賃貸需要がない?不動産管理会社の問題?設備導入しても決まらず…(地域・栃木県)
勝ち組大家への道【空室対策・契約トラブル編】

空室が埋まらないのは…賃貸需要がない?不動産管理会社の問題?設備導入しても決まらず…(地域・栃木県)

シェア
ツイート
LINEで送る
現在、空き室が2部屋あります。

1部屋が空いて1年間入らず、2部屋目が空いた段階で3月に無料のインターネット設備を導入しました。
周辺相場より家賃も低いのですが、これ以上、設備増強の対策がありません。
管理会社からは次のような広告が出されています。

需要の問題でしょうか、不動産管理会社の問題でしょうか。
近隣のアパートも出入りはあるようですが、これだけの施策で入居が決まらず。
築31年の物件でバス、トイレ別、外壁塗装も5年前に施行してます。

Answer

家賃を安くするというのは最初に行う選択肢とは考えません

まずは何故入居しないのかを考えることが大切です。需要と供給の場合もありますし、
株式会社タキタ産業
株式会社タキタ産業
〒703-8256
岡山県岡山市中区浜1丁目19-41  旭ビル1階 102号
TEL:086-273-5157 /FAX:086-273-5557
シェア
ツイート
LINEで送る

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

新着!大家さんのお悩み相談

あなたにおすすめの収益物件

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

特集一覧

空室対策
滞納退去
賃貸管理
土地活用
不動産投資
相続・税金
[特集]
不動産賃貸経営体験談を大家さんに語ってもらいました
ハワイでセミリタイア 別荘を手に入れる方法
経営者・成功者が語る ~経営者取材対談~
大家さんが注意すべき設備故障の対処法について設備メーカーが解説!

認知症対策として注目されている『家族信託』の仕組みとは?

サラリーマン大家さんの確定申告!アパート経営者なら知っておくべき白色申告と青色申告の違いって?
   [PR] ベテラン大家が選ぶ、賃貸管理会社とは?

PAGE TOP