賃貸経営における健康リスクを考える~生涯で「がん」に罹患する確率は、女性が47%で男性が63%~|ファイナンシャルプランナー・石田 貴雄

×
←不動産賃貸経営博士
>
>
>
賃貸経営における健康リスクを考える~生涯で「がん」に罹患する確率は、女性が47%で男性が63%~

賃貸経営における健康リスクを考える~生涯で「がん」に罹患する確率は、女性が47%で男性が63%~

いいね・コインとは?
気になった数
シェア
ツイート
LINEで送る

コンサルタント ファイナンシャルプランナー・石田 貴雄

ファイナンシャルプランナーとは、「金融」「リスクと保険」「不動産」「税金」「相続・事業承継」「ライフプランニング」と幅広い金融知識を活用しながら、資産管理や運用のアドバイスを行うアドバイザーです。専門分野とお客様を適切に結ぶコーディネーターとして活動をしています。

相続に関する相談をよくお受けしますので、皆さんに知っておいていただきたいことをここで共有していきます。

健康に関するご相談を受けました

前回のコラムと内容を一気に変えてしまいますが。

健康に関するご相談が増えています。

厚生労働省のデータ

厚生労働省が今年3月に発表したデータによれば、「がん」で死亡した人の割合は死亡した総数の28.7%を占め、数ある死因の中で最も多かったのです。

10万人のうち、1年間に「がん」で死亡するする人が何人いるかを表す死亡率を見ると、295.5人で、続く心臓病の156.5人を大きく引き離しました。

交通事故などの不慮の事故は「がん」の1/10ほどの30.6人でした。

国立がん研究ターのがん統計

国立がん研究ターのがん統計では、年齢別の「がん」への罹患率が発表されています。

それによれば、年齢による「がん」への罹患率は男女ともに加齢に従って緩やかに増えつつも、45~49歳では10万人あたり200人ほどです。

それでも交通事故よりは圧倒的に多いのですが、注目すべきは男性の罹患率で50~54歳で319人と一気に1.5倍以上に膨れ上がり、さらに55~59歳で512人、60~64歳で805人と増え続きます。

 

統計によると、生涯で「がん」に罹患する確率は、女性が47%で男性が63%で、2人に1人以上の確率で何かしらの「がん」に罹患する可能性があることを示しています。

更新日:2018年9月2日 (公開日:2017年11月1日)

いいね・コインとは?
気になった数
シェア
ツイート
LINEで送る

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

ファイナンシャルプランナー・石田 貴雄の記事

金融 保険の記事

すべての記事

新着!大家さんのお悩み相談

あなたにおすすめの収益物件

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

[特集]
ハワイでセミリタイア 別荘を手に入れる方法
経営者・成功者が語る ~経営者取材対談~

コラム特集

   [PR] ベテラン大家が選ぶ、賃貸管理会社とは?

×

PAGE TOP