不動産会社(仲介業者)を通さず契約したいと言われた場合のデメリットや注意点など -勝ち組大家への道【空室対策・契約トラブル編】--不動産賃貸経営博士-

×
←不動産賃貸経営博士
不動産賃貸経営博士 > 空室対策 > 空室対策 仲介業者 > 【web版】勝ち組大家さん > 不動産会社(仲介業者)を通さず契約したいと言われた場合のデメリットや注意点など -勝ち組大家への道【空室対策・契約トラブル編】-
勝ち組大家への道【空室対策・契約トラブル編】

不動産会社を通さず契約したいと言われ(地域・埼玉県)

シェア
ツイート
LINEで送る
 現在、1階部分は店舗・2階以上は2DKの賃貸マンションを自己管理で賃貸経営しております。2階の部屋が約1年空室状態です。

 入居者募集は不動産屋さんに依頼しています。
 1階店舗の借主から、2階の部屋を下記の条件なら借りたいと相談がありました。

 【条件】
 (1)不動産会社を通さずに契約したい。
 (2)家賃を下げてほしい。

 理由は、少しでも費用を抑えたい。仲介手数料を払いたくない。
 当方としては、5年前から店舗を借りている方なので家賃は3千円下げようと考えていますが、不動産屋さんを通さないで契約することに不安を感じています。

 この機会に空室を埋めたいという気持ちもありますが、今後の不動産屋さんとの付き合いを考えると条件に応じるか迷っております。不動産屋を通さずに契約する事のデメリットを教えてください。
Answer

入居後のトラブル防止としてプロ目線の審査も重要!

 ①不動産会社を通さず契約をする事はお勧めできません。
 不動産会社は契約書を作成する際に、万が一、家賃滞納、不良入居者(反社会的勢力)、騒音問題などのトラブルが起きた時に対応する事が出来る書面内容となっております。

 また連帯保証人及び家賃保証会社等も、契約時に契約を行なわないと貸主はリスクが
株式会社ハウステーションプロパティマネジメント
PM第一事業部 部長 執行役員 保科
株式会社ハウステーションプロパティマネジメント

〒178-0063
東京都練馬区東大泉5-28-5 G-BUILDING
TEL:03-5947-4551/FAX:03-5947-4554
シェア
ツイート
LINEで送る

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

新着!大家さんのお悩み相談

あなたにおすすめの収益物件

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

特集一覧

空室対策
滞納退去
賃貸管理
土地活用
不動産投資
相続・税金
[特集]
不動産賃貸経営体験談を大家さんに語ってもらいました
ハワイでセミリタイア 別荘を手に入れる方法
経営者・成功者が語る ~経営者取材対談~
大家さんが注意すべき設備故障の対処法について設備メーカーが解説!

認知症対策として注目されている『家族信託』の仕組みとは?

サラリーマン大家さんの確定申告!アパート経営者なら知っておくべき白色申告と青色申告の違いって?
   [PR] ベテラン大家が選ぶ、賃貸管理会社とは?

PAGE TOP