「戸建賃貸の投資術⑧」 競売参加、裁判所の職員だって怖くない!|株式会社ワンマンバンド 坂田憲一

×
←不動産賃貸経営博士
賃貸経営博士コラム購入のコラム > 「戸建賃貸の投資術⑧」 競売参加、裁判所の職員だって怖くない!

「戸建賃貸の投資術⑧」 競売参加、裁判所の職員だって怖くない!

いいね・コインとは?
気になった数
シェア
ツイート
LINEで送る

大家 株式会社ワンマンバンド 坂田憲一

ワンマンバンドは「いちサラリーマン大家の片手間の副業」から徐々に段階を経て発展してきました。僭越ですが、その中で得た経験やノウハウなどを書いていこうと思います。これから大家さんを目指す人、大家さんとしてどんどん物件を取得中の人、その中で一攫千金ではなく、着実に(長期で大きく)財産を築いていきたい方々の少しでもお役に立てればと思っています。

裁判所に行ったことはありますか?
「人を裁く役所」。一体どんなに怖い人たちが働いているのでしょうか?
競売に参加するためには、裁判所との関わり合いは避けて通れません。「裁判所の職員」ってどんな人?

「戸建賃貸の投資術⑧」 裁判所の職員だって怖くない!


競売は各地の地方裁判所にて執行されるので、当然ですが、競売参加者たるもの、裁判所の職員や、執行官とのお付き合いが必要です。
 
「裁判所の職員」。なんか怖くないですか?
えっ、そんなことない?
 

 僕は最初は結構怖かったです。裁判所の職員だけじゃなくって市役所や、もっと言えば郵便局の職員だって、昔は結構怖かった。
 
 

郵便局の人たちって、今は本当にみんな親切です。銀行なんかより、もっと身近な感じがするし、好感度は高い。

でももうみんな忘れているかもしれませんが、昔は全然そうではなかった。

それもそんなに昔の話ではありません。郵便局が民営化されたのが2007年。たったの10年前です。
それ以前にも、民営化が予定されてから、郵便局の職員の対応はだんだん親切になっていった記憶がありますが、それでも15年くらいさかのぼれば、それはもう、ひどいものでした。
 
 


市役所の職員なんかも高圧的だった
 
15年くらい前に沖縄で飲食店を開こうと思い、現地に入り浸って土地を探し、役所の職員の方々ともいろんな交渉をしました。これが僕が不動産に深くかかわるきっかけだったんですが、その時は不動産のことなんてほとんど何も知らないし、役所に行くのがとっても憂鬱だったのを思い出します。
 
 
 

「裁判所」なんて言ったらその「いかめしさ」ではナンバー1、という感じだし、さぞや職員も怖いのでは。

 
 
始めて競売に参加した10年前はそんな風に思っていましたが、そんなことはありませんでした。
 
他の役所同様、裁判所の対応も昔とは随分変わってきているのでしょう。基本的にはみんなとても親切で、わからないことがあれば丁寧に教えてくれます。
 
 
 
ただし、これも他の役所同様かもしれませんが、今でも「結構保守的」で「融通が利かない」ところはあります。
 

僕は基本的には「競売も、入札者がいて初めて成立するわけで、裁判所は、入札者の利便性を高めるために努力、工夫をしなければならない」と思っています。しかし、一定割合の職員はそう考えているとは思えませんね。表面的な対応は親切だったりしますが、でも「決められた仕事だけをこなしている」という官僚的な部分がとても大きかったりします。
 
 
 
競売を行っている地方裁判所は、支局を含めれば全国にものすごい数があるのですが、細かい対応は地裁によって結構異なります。
 
例えば、
広島地裁では、競売書類の閲覧は落札者であっても3点セットしか見ることができない(もともと公開されている資料なので、それでは意味がない)。
さいたま地裁川越支部は、郵送での代金納付を絶対認めない(ワンマンバンドで入札を行っている全国30程度の地裁の中でここだけ)。
 
など。交渉して何とかなる場合もありますが、絶対譲らない、地裁もあります。
 
 
競売における裁判所の役割は、「抵当権のついた物件を競売によりできるだけ高く売却し債権者に還元する」ことだと思うので、そのためには競売入札者が入札しやすい環境を、これからも是非整えていってほしいと思います。
そもそも税金で運営されているわけだし。
 

あと、競売の各段階を担当している裁判所の部署は、各地裁によって名前がかなり異なります。これはややこしいので全国的に是非統一してほしいですね。
 
 
 
「裁判所の職員が怖くて競売に参加できない!」という人はまああまり居ないのではないかとは思いますが、多くの人(特に我々世代以上)は潜在的に「役人は怖い」という意識を持っているのでは、と思い、トピックを取り上げてみました。
 
裁判所の職員の方々、いつも大変お世話になっております。感謝です。
 
 
 
予断ですが、僕は狩猟をやっている関係上、しょっちゅう所轄の警察署に出入りしていますが、警察署の中に入るのは最初はむちゃくちゃ怖かったです。だいぶん慣れてはきたけれど、今でもちょっと怖いです。
 
 

更新日:2018年4月21日 (公開日:2017年10月29日)

いいね・コインとは?
気になった数
シェア
ツイート
LINEで送る

株式会社ワンマンバンド 坂田憲一の記事

購入の記事

購入の新着記事

すべての記事

新着記事

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

新着!大家さんのお悩み相談

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

新着!大家さんのお悩み相談

あなたにおすすめの収益物件

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

特集一覧

[特集]
ハワイでセミリタイア 別荘を手に入れる方法
起業から30年…成功者が語る『成功の秘訣』

コラム特集

   [PR] ベテラン大家が選ぶ、賃貸管理会社とは?

PAGE TOP