賃貸物件でのヤミ民泊の早期発見と対策|株式会社日本防犯設備 北澤

×
←不動産賃貸経営博士
>
>
>
アパート・マンションでの無許可の民泊で起こった犯罪(死体遺棄事件)~闇(ヤミ)民泊事件簿~~|防犯カメラで早期対策を!

アパート・マンションでの無許可の民泊で起こった犯罪(死体遺棄事件)~闇(ヤミ)民泊事件簿~~|防犯カメラで早期対策を!

シェア
ツイート
LINEで送る

住宅設備 株式会社日本防犯設備 北澤

茨城県出身。 大学卒業後、都内大手学習塾での勤務を経て、2010年より防犯カメラ業界にて 、犯罪の抑止を主題に防犯活動に従事。 2014年より株式会社日本防犯設備で広報・マーケティングを担当。

賃貸物件でのヤミ民泊の早期発見と対策

もし所有物件でヤミ民泊が営まれた場合、他の入居者はそれまでの平穏な日常から様子が変わってしまったことに気付くはずです。

それまでは何の問題もなかったのに、ある日から突然キャリーバッグを持った外国人が頻繁に出入りしたり、ゴミがそこら中に捨てられ始めたり、隣室から大騒ぎする声が聞こえたり、場合によっては女性の悲鳴が聞こえたものの、その後女性の姿を見かけた人は誰もいない・・・と言ったことが起こり得ます。

大家さんは定職も保証人もいる、きちんとした人に入居してもらっているにも関わらず、いつの間にか想定外の人々が賃貸物件の治安を乱し始めます。

物件の住人から苦情が寄せられ民泊化に勘づいた、というお話はよく聞きますが、同じくらい、該当する部屋の借主を問いただしても「友達が来ただけ」とかわされてしまう、というお話もよく聞きます。

その為、防犯カメラでキャリーバッグを持った人が頻繁に出入りする様子を撮影し、それを証拠に民泊化を指摘することは、有効な手段の一つです。

しかし、防犯カメラが必要十分な対策とは言い切れないとも感じています。

通常、賃貸物件で防犯カメラを設置するときに、各部屋の玄関が映るようにすることはなく、敷地出入口や建物出入口部分を映すことが多く、その場合、キャリーバッグを持った人々が該当の部屋に出入りしている人だと言い切ることができなくなります

もちろん、該当の部屋の玄関先に防犯カメラを設置し、その住人と揉めて嫌がられて、その住人が出ていけば、それはそれで問題解決になるでしょうが、そもそも揉めたくない方が多いはずです。

民泊化の指摘には、複数の証拠から「状況的に確実」という指摘をした方が、借り主が言い逃れしづらくなります。

例えば宿泊客を募るサイトに自分の物件が出ていないかどうかチェックし、近隣住人の苦情内容と、防犯カメラの映像もあわせて証拠とすることで、保健所や警察に適切な処置をとってもらうことができます。

ヤミ民泊への対策には防犯カメラは「有効な手段の一つ」といった位置づけになってしまいますが、それでも「重要な証拠の一つ」を押さえるために効果を発揮できるものだといえます。

公開日:2018年4月29日

シェア
ツイート
LINEで送る

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

株式会社日本防犯設備 北澤の記事

賃貸管理の記事

すべての記事

新着記事

新着!大家さんのお悩み相談

あなたにおすすめの収益物件

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

特集一覧

[特集]
不動産賃貸経営体験談を大家さんに語ってもらいました
ハワイでセミリタイア 別荘を手に入れる方法
経営者・成功者が語る ~経営者取材対談~
大家さんが注意すべき設備故障の対処法について設備メーカーが解説!

認知症対策として注目されている『家族信託』の仕組みとは?

サラリーマン大家さんの確定申告!アパート経営者なら知っておくべき白色申告と青色申告の違いって?

コラム特集

   [PR] ベテラン大家が選ぶ、賃貸管理会社とは?

PAGE TOP