3 現地での確認・対応|阿部 栄一郎

×
←不動産賃貸経営博士
>
>
>
不動産売買で土地の境界線を確認する重要性とは?自分の土地を失わないために!

不動産売買で土地の境界線を確認する重要性とは?自分の土地を失わないために!

シェア
ツイート
LINEで送る

弁護士 阿部 栄一郎

阿部栄一郎と申します。 賃料未払い、明渡し、敷金返還といった基本的な賃貸借契約の問題から騒音、悪臭問題といったことまで幅広く賃貸借契約に関する相談、問題解決に当たっています。また、マンション管理組合からの管理費滞納やペットの問題等の相談、問題解決にも当たっています。 相談や解決に当たっては、なぜそのようになるのか、なぜそのように解決した方がいいのかをできる限り丁寧に説明をするように心がけております。 お気軽にご相談ください。

3 現地での確認・対応

相談者に対し,マンションの建築確認関係書類,検査済み証等の書類やマンション売買の際の売買契約書や重要事項説明書等の一式書類等を準備するよう要請し,当職は現地に状況の確認に行きました。
 

現地を確認すると,本件土地は,確かに,マンションが道路に接道するための通路,そして,マンション住民のための駐車場として使用されており,そのことが外観上,明らかでした。
 

その点は,ほっとしたのですが,公図上,本来あるはずの本件土地と他の土地との間の境界を示す境界標がありません。問題となっている本件土地以外にも隣地との境界標があったり,なかったり,あっても脱落して倒れていたりしました。
 

相談者に準備してもらった書類及び現地確認した状況から,本件土地は,マンションの敷地の一部として20年以上占有されている(正確には,相談者及び前所有者の占有とで合計して20年以上占有していました。)ことを確認できましたので,本件土地を管轄する裁判所に処分禁止の仮処分(簡単に説明すると,登記上は第三者の土地や建物であるが,実体法上は自分に所有権があるので,登記上,他の第三者に対して所有権を移転することを禁止する内容の仮登記を設定する手続です。)を申し立てました。
 

当職が相談者の代理人として申し立てた処分禁止の仮処分は無事に認められ,とりあえず,本件土地を第三者に売却等されるという最悪の事態は避けることができました。
 

今後,第三者との交渉は残っているものの,ひと段落というところです。
 

公開日:2019年1月17日

シェア
ツイート
LINEで送る

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

阿部 栄一郎の記事

購入の記事

すべての記事

新着!大家さんのお悩み相談

あなたにおすすめの収益物件

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

特集一覧

[特集]
不動産賃貸経営体験談を大家さんに語ってもらいました
ハワイでセミリタイア 別荘を手に入れる方法
経営者・成功者が語る ~経営者取材対談~
大家さんが注意すべき設備故障の対処法について設備メーカーが解説!

認知症対策として注目されている『家族信託』の仕組みとは?

エアコンの水漏れは故障?水漏れを防ぐための大家さんができる事前対策について!-ダイキン工業株式会社-

コラム特集

   [PR] ベテラン大家が選ぶ、賃貸管理会社とは?

PAGE TOP