WPC工法新築マンションを見学!都内をフィールドワークしました。都内をフィールドワークしました。|和田 寛

×
←不動産賃貸経営博士
>
>
>
WPC工法新築マンションを見学!都内をフィールドワークしました。都内をフィールドワークしました。

WPC工法新築マンションを見学!都内をフィールドワークしました。都内をフィールドワークしました。

いいね・コインとは?
気になった数
シェア
ツイート
LINEで送る

大家 和田 寛

賃貸経営と不動産投資をしてる専業大家です。個人と不動産管理法人で物件を所有しています。常コミュニケーションを大事にして、適度なテナントリテンションを実施しています。

皆様、こんにちは~!専業大家コラムニストの和田寛です。
今回は、物件購入を前提に都内をフィールドワークしました。

まず、中古RC造レジの現地調査しました。

現地は、世田谷区のとある住宅街です。

最寄り駅は小田急線「祖師谷大蔵」駅(準急停車)で、駅から徒歩8分です。

ここは、所謂「成城エリア」で安定した賃貸需要が見込まれる地域です。

外見は、築30年弱の割にはキレイで、共有部分の清掃も行き届いている様子。
3階建RC造 6世帯 ワンルームで、月額賃料は相場よりやや安めの設定。

販売価格が6,000万円台で、表面利回りが6%強なのでイマイチかな?

3点ユニット・洗濯機置場(ベランダ)も気になる部分です。

購入するとすれば、リフォーム工事を前提に指値してからかな?

 

煉瓦を有効に活用した新築木造アパートを見学

次は、練馬区内にあるメンテナンスフリー煉瓦を使った新築木造アパートを見学しました。
ハウスメーカー担当者の話では、外壁を煉瓦・屋根を瓦で建てることにより、10年に1回かかるメンテナンスの必要がなくなるとの事です。

この工法は「エタノールウォール工法」(国際特許)と呼ばれています。
乾燥式煉瓦壁工法であり煉瓦の下地用として緊結構造に加工したガルバリウム鋼板に上質の煉瓦を上下からはめ込み、目地をモルタルで固めて支えるという高い安全性を誇る住まいの技術です。

上記写真のように、物件は旗竿地に建っています。
構造は「重層長屋」形式を採用しています。

重層長屋のメリットは、下記の通りです。
1.旗竿地・敷地延長で建てられるので土地の有効活用が可能である。
2.共用部が少なく、各住戸の面積を広く取ることが可能である。
3.消化器の設置義務が無いため、防火設備点検の必要がない。

公開日:2019年3月19日

いいね・コインとは?
気になった数
シェア
ツイート
LINEで送る

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

和田 寛の記事

購入の記事

すべての記事

新着!大家さんのお悩み相談

あなたにおすすめの収益物件

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

特集一覧

[特集]
不動産賃貸経営体験談を大家さんに語ってもらいました
ハワイでセミリタイア 別荘を手に入れる方法
経営者・成功者が語る ~経営者取材対談~
大家さんが注意すべき設備故障の対処法について設備メーカーが解説!

認知症対策として注目されている『家族信託』の仕組みとは?

エアコンから出る異臭(臭い)を抑える簡単なやり方とは?大家さんでもできる異臭対策!-ダイキン工業株式会社-

コラム特集

   [PR] ベテラン大家が選ぶ、賃貸管理会社とは?

PAGE TOP