これで済めばホントにお気楽極楽。でも長男の定めが...|僧俗嫌世(そうぞく・いやよ)

×
←不動産賃貸経営博士
>
>
>
資産防衛の考え方-「減らすことなく相続する」対策-大家のこころもち その2

資産防衛の考え方-「減らすことなく相続する」対策-大家のこころもち その2

シェア
ツイート
LINEで送る

大家 僧俗嫌世(そうぞく・いやよ)

首都圏近郊の農家が、必要に迫られて不動産賃貸を始めたのが約27年前。 現在は、次期相続に備え、法人化して一部の物件を法人所有としました。 「生活できればそれで十分だが、絶対に負けない大家」であり続けたいと 思っています。

これで済めばホントにお気楽極楽。でも長男の定めが...

 いちばん簡易な方法は、僧俗嫌世自身が今ある財産をビタ一文なくなるまで使い切ってしまう、ということです。子どもには「自分の食い扶持は自分で稼げ」といって。ですが、この方法をとると、将来先祖代々の墓に入れてもらうときに、先に入っていた人たちから「ご苦労だった」といわれないばかりか「おまえは何をやって来たんだ(怒)」と言われ続けるのは明らかなので×。

 で、考えあぐねた末、「減らすことなく相続する」対策を模索することにしました。ある意味、いちばん困難な道です。

理由は2つ

 この道を選んだ理由は2つありました。

 ひとつめは、「やれば何とかなるかもしれない。でも、やらなければ必ずたいへんなことになる。 やる? やらない?」と自問してみた答だったから。

 そしてふたつめは、「たとえトライした結果がNGでも、それなら墓に入っていじめられることはないだろう」と思ったから。
   (これを「冗談だろ!」と思う方は多いと思いますが、少なくとも僧俗本人にとって、
   「先祖」「墓」は、かなりの重みです。
自分より七代前の先祖の名前を知ってる人、果
    たして何人いらっしゃいますぅ?

 

公開日:2019年7月16日

シェア
ツイート
LINEで送る

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

僧俗嫌世(そうぞく・いやよ)の記事

賃貸管理の記事

すべての記事

新着!大家さんのお悩み相談

あなたにおすすめの収益物件

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

特集一覧

[特集]
不動産賃貸経営体験談を大家さんに語ってもらいました
ハワイでセミリタイア 別荘を手に入れる方法
経営者・成功者が語る ~経営者取材対談~
大家さんが注意すべき設備故障の対処法について設備メーカーが解説!

認知症対策として注目されている『家族信託』の仕組みとは?

エアコンの水漏れは故障?水漏れを防ぐための大家さんができる事前対策について!-ダイキン工業株式会社-

コラム特集

   [PR] ベテラン大家が選ぶ、賃貸管理会社とは?

PAGE TOP